SX-70 FOREVER BLOG

ハッセル レンズレンズレンズ

【ハッセル レンズレンズレンズ】ゾナー250mm F5.6

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」と思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。

まだ紹介していないレンズはありますが、
まずは王道の交換レンズを紹介しようと思っていたので、とりあえず今日で一旦最後です。




第8回目の本日はゾナー 250mm F5.6
DSC06348

・軽量で使い勝手の良い望遠レンズ。
・35mm換算すると135mm相当の画角。
・最短撮影距離2.5m




この辺りの焦点距離になってくると流石にレンズ自体が長くなります。
しかし見た目よりは軽量で意外と使いやすいです。






とりあえずこんな感じの望遠らしい写真が撮りたくなります。
000002000002
000008000007





開放付近で撮ると、20〜30m先でもボケを作れます。
こういった画は望遠レンズならではのもの。
スリリングなピント合わせも楽しかったりします。
00000947520001






接写。
しっかりと質感を表現します。
00001147520010
4752000947520002




手持ちで使うにはこの250mmまでが現実的かもしれません。
35mm換算で135mmになるこのレンズは、望遠好きな人ならきっと楽しめると思います。






Sonnar 250mm F5.6の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】ゾナー180mm F4

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」と思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。





第7回目の本日はゾナー 180mm F4
DSC06347

・1991年から生産された比較的新しいレンズ。
・35mm換算すると100mm相当の画角。
・最短撮影距離1.55m




1991年から製造されたレンズで、CF以降でしか存在しません。

それまでの望遠レンズは150mmから一気に250mmまですっ飛んでしまって
中間的な焦点距離のレンズがありませんでした。

そこで登場したのがこの180mm F4です。





ポートレイトに向いているレンズです。
と言いつつの動物写真で、なんですが。
このレンズは立体感をとても自然に表現します。
3902000338980005
3898000738980008







接写。
滑らかで美しいぼけ。
と言いつつのピンぼけで、あれですが。
img126img127

img133img131




遠景。
細かな部分もしっかり解像してくれます。
トーンの再現力と線のシャープさがすばらしい。
img35038980010




見ているものを忠実にを再現してくれるレンズです。
個人的な話ですが、望遠系で1本だけ残せと言われたらきっとこれを残すと思います。





Sonnar 180mm F4の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】ゾナー150mm F4

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」と思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。





第6回目の本日はゾナー 150mm F4
DSC06345

・最もオーソドックスな望遠レンズ。
・35mm換算すると85mm相当の画角。
・最短撮影距離1.4m




ゾナー150mmはプラナー80mmと同様に、
500シリーズのレンズの中で最も歴史あるレンズです。

相場が安く入手しやすいので「とりあえず標準以外で何か2本目を」という方にもおすすめです。

単純に市場に出回った本数が多いため価格がこなれているだけで、
安いからと言って性能が悪いレンズということではありません。

実際に使ってみると分かりますが、抜けが良く素晴らしい描写をします。




いわゆるポートレイトレンズです。
離れた位置からでも撮れるので、プレッシャーを与えません。後ろ姿を拝借。
000008000010







接写はこんな感じです。
100000647310011






風景写真もほどよく引き締めてくれて、意外と使いやすい画角です。
10000041000007
000002000011


値段はこなれているのにも関わらず、高い描写力。
コストパフォーマンスに優れたレンズです。




Sonnar 150mm F4の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】マクロプラナー120mm F4

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」と思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。





第5回目の本日はマクロプラナー 120mm F4
DSC06344

・無限遠まで撮影できるマクロレンズの2代目。
・35mm換算すると65mm相当の画角。
・最短撮影距離80cm




プラナー120mmはCFレンズへの移行に際して、開放値がF5.6からF4へと変更されました。
さらに最短撮影距離が95cmから80cmへと変化し、よりマクロ撮影に強くなったのが特徴です。

名称もS−プラナーから「マクロプラナー」へと変更されました。




最短撮影距離が短くなったことで、拡大率が上がりました。
道ばたの小さな花もダイナミックに撮れます。
4731000347310005





120mm F5.6と比べると少しだけ乾いた感じがしますが、非常に素直でとても高い描写力を持ったレンズです。
左上の森山君は、あとで眼鏡を拭いた方がいいであろうことも伝わってきます。(光のスジはマガジンの光線漏れです)
12580002000005
1258000712580004





120mm F5.6同様、遠景もしっかり描写します。
000004000011


接写、ポートレイト、風景・・・
様々なシーンに対応できるマクロプラナーは、まさに万能レンズと呼ぶにふさわしいレンズです。




Makro-Planar 120mm F4の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】S-プラナー120mm F5.6

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」という
挑戦をしようと思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。





第4回目の本日はS-プラナー 120mm F5.6
DSC06279

・無限遠まで撮影できるマクロレンズ。
・35mm換算すると65mm相当の画角。
・最短撮影距離95cm




Cレンズの120mmはF5.6です。名称はS-プラナー。
「S」は特殊用途レンズに付く文字です。
この場合はの特殊用とは『マクロ撮影』のことです。

マクロ撮影用に作られたレンズで、近撮(〜1.5m)にピークが設定されています。
とは言え、あくまでピークが近距離なだけで、無限遠まで撮影可能です。




このレンズを入手したら、とりあえず近距離のものを撮りたくなるのが人情です。
右の写真はピントを花から外してしまってますが、ピンがきたところの葉っぱの描写は流石です。
000013000010





しかしマクロレンズとは言え、中距離以遠も充分にきれいな描写を見せてくれるのがこのレンズの凄いところ。
線は太すぎず細すぎず、色のトーンもとても滑らかで、忠実な写り。
望遠ならではの立体感と共に、臨場感にあふれた描写をしてくれます。
000009000004000002000007





このレンズの真骨頂はポートレイトにある。という声も。
近撮ピーク。65mmという焦点距離。ボケ過ぎない絞り値。忠実な描写。
まぁ、確かにうなずけます。
img1111392img1111393



F5.6と開放値は暗いレンズですが、それを補って余りある描写力を持っています。
通好みと言われるレンズですが、裏を返せばその境地に達した人が辿りつくレンズとも言えます。



S-Planar 120mm F5.6の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】プラナー100mm F3.5

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」という
挑戦をしようと思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。




多分みんなが使っているであろうプラナー80mmは省略して・・・

第3回目の本日はプラナー 100mm F3.5
DSC06276

・描写力の高さで定評のあるレンズ。
・35mm換算すると55mm相当の画角。
・最短撮影距離90cm



プラナー80mmは、35mm換算すると44mmレンズ、
このプラナー100mmは、35mm換算で55mmのレンズです。

35mmフィルムカメラの標準レンズが大体50mm〜58mmということを考えると
プラナー100mmは「THE標準レンズ」と言えるのかもしれません。



プラナー80mmを使ってみて、ちょっと広いなと感じる人には
プラナー100mmはちょうどいい画角かもしれません。





収差・解像力・トーンが優れているこのレンズ。
80mmからのステップアップをということで選ばれたりもします。
5273000274460010

5273001776890001






ボケ味が美しいレンズです。
5273000574460002






近撮はこんな感じです。
質感描写がすばらしい。
5273002894690004




プラナー80mmとも比べてもけっこう画角は変わるので使い分けるのもいいですし、
80mmからのステップアップということで買い替えてもいいと思います。



Planar 100mm F3.5の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】ディスタゴン 60mm F3.5

ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
こんにちは、タドコロです。

新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」という
挑戦をしようと思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。






第2回目の本日はディスタゴン 60mm F3.5
DSC06274

・60mmレンズの3代目で、60mmの中では最もF値が明るい。
・35mm換算すると35mm相当の画角。
・最短撮影距離60cm



中判レンズ界に28m相当のレンズは多く存在すれども、
35mm相当のレンズはあまり多くありません。
(この画角でツァイスレンズってハッセルの他に何かありましたっけ?)




広過ぎず、狭過ぎず。もうその一言かと。
スナップ撮るのに丁度いい画角だと、個人的には思っております。
5071000350710007

00001050710010





そしてやっぱり、接写はお手のものです。
50710006000006



サイズは50mmレンズよりもコンパクトです。
使いやすい画角もさることながら、機動性が重視される街撮りスナップ派におすすめしたい1本です。



Distagon 60mm F3.5の商品ページはこちらからどうぞ。




【ハッセル レンズレンズレンズ】ディスタゴン 50mm

こんばんは、タドコロです。

lovehassel_w740h300
ただいま写真募集中の公募写真展「We Love ハッセル」


みなさん応募する写真は選べていますか?

話を聞くと、今まで撮った写真の中から選ぶか、それとも新しく撮りおろすか。
どちらにしようか悩んでいるお客さんも多いようです。

そんな中、新しい作品を作るために、またはマンネリを打破するために、
「違うレンズを使ってみたい!」という
挑戦をしようと思っている方の背中をそっと後押しするコーナー。



ハッセル レンズレンズレンズ
DSC06271
ハッセルブラッドのレンズを焦点距離別に紹介します。

広角から順に紹介していこうと思いますが、
30mmと40mmはあまり数がないのでパスします。




というわけで第1回目はディスタゴン 50mm F4
DSC06272

・ハッセル広角レンズの定番。
・35mm換算すると28mm相当の画角。
・最短撮影距離50cm。



広角で28mmと聞いて『なんだそんなもんか』っていう気持ちで使うと、あらビックリ。




ハッセルの場合「6x6」なので
「縦にも横にも」28mmの広角感が生まれ、予想以上の広がり感じさせてくれます。
00000803280004




こんな構図も「6x6」の50mmならではかと。
手前にドーンと人を置いても面白そう。
000006000012




あと、広角なので接写も得意です。
最短撮影距離が50cmなので、被写体に寄って撮影したい人にもおすすめ。
07070004000009




それでもどうしても縦を余らせちゃう人は、6x4.5フォーマットの16マガジンを使ってもいいかも。
000004 → 000004



生産本数が多いので価格は比較的こなれています。
とりあえず広角を使ってみたい人は、ますこのレンズを探してみるといいでしょう。


Distagon 50mm F4の商品ページはこちらからどうぞ。




記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ