SX-70 FOREVER BLOG

ワークショップ風景

【ワークショップ】初めての一眼レフ

どうもこんばんは、江幡です。


main_index

今日はワークショップ6日目。
「初めての一眼レフ」でした。


参加者全員女性のため少しドキドキしながらのワークショップでした。
スタートはカメラの仕組みや構造、絞りやシャッタースピード、フィルムの関係等、
実際にどう撮れるのか写真を使っての座学。

DSC08657


そのあとはニコン・ペンタックス・オリンパスの一眼レフの使い方。
皆さん、初めてという割には飲み込みが早かったです笑

DSC08658



もうそこから先は実戦あるのみ。
コンクリートジャングル川崎に緑生い茂る近くの公園で撮影開始。

DSC08664
DSC08663


ゴールデンウィーク最終日ということもあって老若男女様々な人が遊びにきており、
被写体としても、場所としてもばっちりです。



初めての一眼レフにもすぐに慣れ、絞りやシャッタースピードによる違いを
撮影してみたりと色々挑戦していました。

最短撮影距離で体を揺らしながら撮影してみたり、
DSC08661



参加者同士でおしゃべりしてみたり、
DSC08662



楽しい撮影会でした!


その後はお店に戻って昼食へGO。
中華を食べながら写真やカメラの話だけでな。。。いや、そもそもしたかな?

まぁとにかく写真の話に捕われず劇やBarなど幅広い話題で盛り上がりました。


昼食の後はお店に戻って、少しフィルムカメラのお勉強です。
まぁ難しい内容などではなく、こんなカメラあるよー。といった感じの
和気藹々とした内容です。

DSC08669
DSC08681


そして、最後は撮影した写真のお披露目。
自分の撮った写真に一喜一憂しながら、自信のある写真はみんなで共有して
楽しみました。

DSC08686


皆さん、デジタルをメインに使用しているなか、
今回のワークショップに参加してくれたそうです。
終わった後、「思ってたよりも簡単に撮れた」と言ってもらえたのが
嬉しかったです。


参加者の皆さん、本日はお疲れさまでした。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

GCW(ゴールデンカメラウィーク)期間限定のお得な商品がいっぱい!
4a8b49affdcbe83f8db5dd6a005b314d1a4629ee.48.1.12.2-1.jpg

【ワークショップ2日目】6x7カメラ!

どうもこんばんは、江幡です。

4a8b49affdcbe83f8db5dd6a005b314d1a4629ee.48.1.12.2-1.jpg

今日はワークショップ2日目。
中判フォーマットの6x7が楽しめる、

「初めての6x7」でした。


天気は快晴、絶好のワークショップ日和です。

10:00から始まったワークショップは、
6x7とは何ぞやの説明からスタート。

フォーマットの種類や、カメラの特徴等々。。。

参加者の皆さんも真剣です。

DSC08587


と、思いきや結構和気藹々と進んで行ったりもします笑

DSC08588




そのあとはそれぞれ使いたいカメラを選んで、
使い方のレクチャー。本日、使用したカメラは、6x7カメラの中でも人気の
ばけぺん、マミヤ67、マキナです。

参加者の皆さんも思い思いでカメラに慣れ親しんでいました。


撮影は近くの公園で。

中判自体が初めての方もいらっしゃったので、
平林さんに実践で教わっています。

DSC08590


小柄な女性も果敢にRB67に挑戦中。
DSC08594


それぞれ場所を指定して参加者でお互いを撮り合いっこしたり。

DSC08595


ご夫婦で参加して、一緒に撮影したりと、
DSC08596



基本、自由です!


そして撮影が終わった後は、ご飯を食べて、
自分の撮った写真を見る。。。はずがアクシデント発生のため急遽、予定変更。


過去に撮影したサンプル写真を使っての6x7カメラ講座です。

DSC08597



マキナ・ばけぺん・RB67のサンプル写真を参考に平林先生の
講義で今回のワークショップを締めくくりました。


今回、参加者の方で「写真は撮るものではなく創るもの」と仰っていたのが
とても印象に残っています。
普段、何気なく撮影してしまっている自分にはとても深く心に刺さりました。


参加者の皆様、本日はお疲れさまでした。
撮影した写真は後日発送致しますので、今暫くお待ち下さい!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


お得なセットが盛りだくさん!ゴールデンカメラウィーク開催中!
main_index

【ワークショップ1日目】何でもカメラ!

どうもこんばんは、江幡です。


4a8b49affdcbe83f8db5dd6a005b314d1a4629ee.48.1.12.2-1.jpg

今日から始まったゴールデンカメラウィーク
そして、ワークショップ初日。今日は店頭にあるカメラが全て選べる


なんでもカメラ!!


まずは恒例の自己紹介を済ませ、カメラの説明に入ります。
講師は平林先生。参加者の方も真剣に説明を聞きます。

DSC08512


それぞれ使うカメラが違うので、各グループに別れての説明。
「なんでも」なのに全員中判だったのには少し驚きました笑

DSC08515

DSC08513


一通り教わった後は撮影へGO!
もうここまでくれば参加者の皆さんも、和気藹々としています。



撮影スタイルは人それぞれでした。
何人かで集まって撮影されている方、1つの場所で撮影される方。
DSC08517

DSC08529


それぞれ工夫しながらの撮影をされています。

SL66で接写してみたり!
DSC08527


女性の方で果敢にRB67を使う方もいらっしゃいました!
DSC08520


撮影が終わり、ご飯を食べた後はご歓談タイム!
それぞれ使ったカメラ以外を手に取り、話に花が咲きました!
一番打ち解けたところだった気がします笑

そうこうしてるうちに写真も現像・プリントから上がり、
THE鑑賞タイム!!!!

DSC08545


それぞれご自身の写真を見て、撮れててよかったーとの声がちらほら聞こえました笑
DSC08547


こちらも恒例になりつつある、机をぐるぐる回りながらの鑑賞。

DSC08543



みなさんのお気に入りの写真が撮れていたみたいで、ほっとひと安心です。
参加者の皆さん、今日はお疲れさまでした!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


お得なセットが盛りだくさん!ゴールデンカメラウィーク開催中!
main_index



ポラロイドワークショップ 第一次夜撮隊 活動報告

こんばんは、タドコロです。



本日のポラロイドワークショップ午後の部は
『夜撮』をテーマに行いました。

ここは当然、夜撮隊隊長(自称)のワタクシが講師に立候補させていただきました。



三脚使って撮るんだったら誰だって撮れるんだから
ワークショップなんてしなくていいじゃん!


位の意気込みで、あえての手持ち撮影に挑んできましたよ。



ポラロイド経験者もいましたが夜撮となるとほぼ初めて。
何ならポラロイド自体も初めて(または2回目)という方も。

そういう方にこそ、夜撮の楽しさを知ってもらいたい!

まずは室内の照明を利用しての綿密なイメージ&トライを重ね、
夜撮のコツをつかんでもらったところで、いざ出陣!
写真
写真[1]
写真[2]
「ここの明るさはどう読みますか?」というワタクシの質問にも
「こっちは暗いけど向こうは少し明るいので黒に一目盛りくらいですかね」と、的確な答えがバシッと返ってきます。


みんな、なんでそんなに飲み込み早いのさ!?


そして撮れた写真たち。


朝日さん
ポラロイド自体初めてのニュカマーですが、露出コントロールうますぎます。
img125


友岡さん
黒い部分を多くして少しの光を入れる感覚が、ワタクシの夜撮と似ていました。
img126


mitsuさん
夜の植木をこんなにカッコ良く撮れる人、なかなか居ないと思います。
img124


四戸さん
すごいかっこいい。軽い嫉妬すら覚えます。
img123


関さん
イルミネーションの模様が良いのが来るまで、じっと待っていました。少しフワッとさせたのも狙い通りのようです。
img127


タドコロ
こんどポラ日記に載せます。
img343




これが第一次夜撮隊のメンバー。
img128
みんながうまいのか、カメラがいいのか、講師がいいのか。
その真相は闇の中ですが・・・(夜撮だけに)


日暮れも早いこの季節。
イルミネーションも豊富だし。

みんなも夜撮しようぜ!

ということを、改めて訴えたいのでございます。




コンタックス アリアワークショップのご報告

みなさまこんばんは、平林です。

本日はお店を飛び出してのコラボワークショップを行いました〜!

美しい描写で人々を虜にするツァイスのレンズと、
これまた美しいプリントで人々を虜にするエビスカメラさんとの強力タッグです!

えー、私はお店でお留守番だったので撮影中の詳細はわかりかねますが(嫉妬)、
こちらの楽しそうな画像で雰囲気をお楽しみください。
PB160161PB160159
PB160155PB160170
000013




肝心の仕上がりは・・・


000010

000020
むーさん



000023

000015
ありさん



000008

000009
まろ


000006

000009
ともさん


000001

000008
サティ



000007

000002
タドコロ




ほふ。。ほれぼれしますねぇ・・・。

アリアがあまりにも使い勝手が良く、道のりの1/3ほどで
皆さんフィルム残が10枚以下になってしまったそうです笑。

お店に戻ってきてからの写真を観る会も、とても楽しそうでした。
結構難しい条件での撮影だったようですが、
エビスカメラさんがきれいに仕上げてくれて、みんな満足してました。

朝から晩までカメラ&写真漬けの一日、お疲れさまでした!







終わるかとみせかけて
こんばんは、タドコロです。


そんな感じで一日中アリアを持ち歩いたのですが、
「アリアは撮影が楽」ですねーーー!


巻き上げいらないし、オート機能豊富だし。
シャッタースピードが1/4000まであるので、開放から絞り込みまで自由自在だし。
シャッター押すのが気軽すぎて、参加者のみなさん写真撮り過ぎでした(笑)
予備のフィルム持っていっておいてよかった・・・・・・


今日の撮影会は本当にお散歩会みたいな感じだったのですが、
アリアはお散歩カメラに最適だと思いました。
いつもはクラシックカメラ大好きなワタクシですが、
これは有りだな・・・と。


といったところで、ひと宣伝。


アリア入荷してます。
PB160180
10%OFFも明日まで。







森谷修さんによる「ましかく写真講座」

こんばんは、タドコロです。

本日は写真家・森谷修さんによる
「ましかく写真講座」が行われました。
DSC02954
当店初の座学講習ということもあって、ワタクシ正直に言うと
3時間なんて間が持つのか、若干の心配をしておりましたが、そこはさすがプロの写真家さん。

まぁ、次から次へと面白い話が出るわ出るわ。
それも分かりやすく。




オススメの写真家さん達の写真集や自著の写真を交えながら、ましかく写真のポイントを。
DSC02949DSC02950
DSC02951DSC02952




背景の取り入れ方や切り取り方、目測ピントの合わせ方のコツを。
DSC02956DSC02963
DSC02959DSC02960




森谷さん流、ハッセルのかっこいいフィルム装填の仕方。
と、勝手に作った「森谷さんの解決!お悩み相談コーナー」
DSC02965DSC02966
DSC02970DSC02972
サポート役として参加していたはずのワタクシですが、
みなさんと一緒にウンウンとうなずいたり、
メモをとってるうちに4ページもノートを使っていたり。

いつの間にやら森谷さんの話に魅せられ、
もはやすっかり受講者の一人となっていたのでした。

さーせん!





しかし、なんかおれ、写真うまくなった気がする!

まだ写真も撮ってないし、すぐには結果に表れないかもしれないけど。
うまくなった気がする「だけ」でも、それだけで写真を撮るのが楽しみになるんだ、って。

夢を見るのは大切だなー。
夢は人をポジティブにするよ。

DSC02957

森谷さんは写真の哲学者であり、楽しみを教えてくれる伝道者でした。
みんなももっと来ればいいのに。本気でそう思いました。

またこういった機会を作ろうと思うので、
その時は今日来られなかった人はぜひ参加してみてください。



本日のワークショップは写真家・森谷修さんによるSWC体験講習会でした。

こんばんは、タドコロです。

本日はうちのワークショップ史上初の
「SWC体験講習会!」

講師はSWCの第一人者の写真家・森谷修さん。

そんな贅沢なワークショップなんて、あって良いんでしょうか?
良いんです!!(カビラ慈英)





幸い天候にも恵まれたので、芝生の上にシートを敷いて青空教室から。
森谷さんの話術と講義に、みんなグイグイと引込まれていきます。
PB031159
(先輩SWCユーザーもお手伝いに来てくれました。ありがとう)





目測の合わせ方や画角の範囲を実践を交えて教えていただき、イメージを固めます。
PB031158
(ワタクシ、これは大変勉強になりました。)





かっちょいいマガジン装填の仕方を教わったりして。
PB031162
(一回では習得できなかったので帰って練習します)






あとは実践あるのみ!






写真を撮り歩きながら、撮影ポイントなどを教えてもらいます。
PB031173
(メジャーはあくまで目測が合ってたかどうかの確認用です。)




途中ポラバックを使って、どういう写真が撮れたのか確認しながら次の写真を撮っていきます。
img238img233img236

img235img234img237
(撮影者:いろんな人たち)






しばらくするとみんなの頭の中にSWCの画角が染み付いてきたようです。
最初はこんなに近寄るの?と言っていたのに、どんどん被写体に近寄って撮るように。
PB031174




もう後は思い思いに。
PB031165PB031175
PB031177PB031183







森谷さんに教えてもらっていると、ひょっとしたらぜんぶ素敵な写真が撮れているのでは?
という気持ちになってきます。

しかし森谷さんは「SWCは三振かホームランのカメラ(笑)」と。

狙ったけどイマイチなこともあるし、思いがけず良いのが撮れてることもある。

数枚でもホームランがあれば良しとしましょう。
とおっしゃっていました。






さー!一体どんな写真が撮れているのでしょうか?
結果は来週の日曜日です。
PB031235
ワクワクするぞぉーーー!


【11月はまるっとワークショップ】第1週目は中判week。

こんばんは、タドコロです。

写真展の真っ直中に、次のイベントのお知らせです。

11月はSX-70 by SWEETROADの誕生月です。

それなので11月には毎年 “周年祭” を行っているのですが、
今年はなんと『1ヶ月全部ワークショップをやってしまおう』という、思い切った企画をたてました!

週ごとにカテゴリを変えて、ワークショップを行っていくのですが、
第1週目(11/1~11/10)は『中判カメラweek』です。
内容は以下の通りです。




・ハッセルブラッド体験講習会
_h-1


とりあえずハッセルを使ってみたい人はこちらの講座へ!
「中判を体験してみたい」「ましかく写真を撮ってみたい」という方もこちらの講座がおすすめです。
IMG_0006img393






・SWC体験講習会 & 座学  講師:森谷修さん
_h-2


憧れのSWCを使える超贅沢な講習会です。
しかも講師はSWCの第一人者である、写真家の森谷修さん

使い方や被写体の捉え方にクセのあるカメラですので、
ある程度、中判カメラまたはフィルムカメラに慣れている方で
SWCに興味のある方へおすすめの講座です。

IMG_0008be35a7af






・ローライフレックス/ローライコード体験講習会_h-3

二眼レフカメラの大定番である「ローライ」
そのローライフレックス/ローライコードを使ってみたいという方へおすすめの講座です。
ハッセルブラッド同様、中判カメラやましかく写真に興味がある方へもおすすめです。

IMG_000952830008





・ペンタックス67体験講習会
_h-4


通称バケペンと呼ばれる大きな一眼レフカメラ。
35mmの一眼レフをそのまま大きくしたので、操作にすぐ馴染みやすいところがポイントです。
大きさは?重さは?
気になる不安点を、実際にカメラを使ってみて試してみたいという方へおすすめです。

IMG_001154440007





・「ましかく写真講座」座学  講師:森谷修さん_h-5
 


写真家・森谷修さんに「ましかく写真」の特徴や構図などを教えてもらおうという講習です。
*こちらは座学のみですので撮影は行いません。

ハッセルブラッドや二眼レフカメラについて興味のある方はこちらの座学も一緒に受講されると、
より一層知識が深まると思いますので、体験講習会と併せてお申し込みいただくことをおすすめします。





かなり盛りだくさんで、迷ってしまいますね。
中には複数お申し込みいただいてる方も、若干名いらっしゃいます。

今回は定員数がいつもよりもだいぶ少ないので、
気になる講座が見つかったらとりあえず申し込んでおきましょう!

みなさんのご応募お待ちしております。


イベントページはこちらからご覧ください。footer_bnr_201310_20



フォトカノンといっしょ「ペンタックスauto110撮影会」

_h-10


110カメラがアツい!!

小さな小さな110フィルム。
それを使う110カメラも当然小さくてかわいいものが多いです。

そんな110カメラの中でも代表的なカメラが「ペンタックスauto110」です。

手の平サイズながら、レンズ交換可能な一眼レフシステムの本格派。
自動露出なのでピント合わせをするだけの簡単に撮影できます。

仕上がる写真は少し淡くてザラッとした風合いがレトロでかっこいいです。

今回現像・プリントに協力してくれるのは「フォトカノン」さん。
110フィルムを即日現像・プリントしてくれる、数少ない写真屋さんです。

撮影場所は浅草です。
auto110を持ってみんなで撮影を楽しみましょう。

110カメラに興味のある方、
auto110を使ってみたいという方、
軽くて小さいフィルムカメラを初めてみたい方におすすめです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



WSタイトル
フォトカノンといっしょ
「ペンタックスauto110体験講習会」

日時
2013年11月30日(土)
10:00〜16:00(昼食・休憩はさむ)

人数 
5人
※募集多数の場合は抽選となります。

参加費
3,000円
(フィルム代、現像代、CD焼付け代、プリント代含む)

持ち物 
特にありません。カメラ、使用フィルムはこちらでご用意致します。
※貸し出しに際して免許証などの身分証明書をご呈示下さい。

集合場所
都営浅草線 浅草駅 10:00

申し込み受付期間
11月18日(月)24:00まで

お申し込み方法

_h-00

お問い合わせ
044-542-4029
担当:宮下


footer_bnr_201310_20

見た目と写りのギャップに萌える「ジャバラポラ体験講習会」

_h-9


ジャバラポラの世界へようこそ!

撮影から現像まで全て自動で行われる「ポラロイドSX-70」が発売される前の話・・・

インスタントカメラ界では、撮影後自分でフィルムを引き出し、現像時間が終了したら自分でフィルムを剥がして写真を確認するという行為を行っていました。

そのカメラこそ、われわれが「ジャバラポラ」と呼んでいるカメラです。

SX-70の陰に隠れてしまいなかなか日の目を見ないジャバラポラですが、
実はSX-70とはまた違った趣と面白さがあります。

オモチャみたいなフォルムから写し出されるリアルな写真。
出来上る写真はLサイズプリントより大きいのも特徴です。
写真が完成するまでの時間は長くても2分。

ジャバラポラのワークショップは今回初めて開催されます。
お客様からの強い要望により実現いたしました!


ジャバラポラそのものに興味のある方、
大きなポラロイド写真をお探しだった方、
PXフィルムのような味わいのある写真よりも普通にきれいな写真が好きな方、
すぐに写真が見たい方、失敗が少ない方がいいという方、ランニングコストを重視される方へ
おすすめのワークショップです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



WSタイトル
「ジャバラポラ体験講習会」

日時
2013年11月24日(日)
10:00〜13:30

人数 
5人
※募集多数の場合は抽選となります。

参加費
3,000円
(フィルム代含む)

持ち物 
特にありません。カメラ、使用フィルムはこちらでご用意致します。
※貸し出しに際して免許証などの身分証明書をご呈示下さい。

集合場所
「SX-70 by SWEETROAD」店舗 
川崎市幸区南幸町2-21シノックスプラザ102

申し込み受付期間
11月18日(月)24:00まで

お申し込み方法

_h-00

お問い合わせ
044-542-4029
担当:宮下


footer_bnr_201310_20
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ