こんばんは、タドコロです。

img111
通販でSX-70を購入してくれて、先日まで修理のやり取りをしていた関西方面のお客様が
本日川崎の店舗にお見えになりました。

びっくして尋ねると、旅行でこちらへ来たのでわざわざ寄っていただいたそうです。
カメラの調子が悪いのか、使い方の問題なのか分からないが、
写真が撮れないので見て欲しくて、ということでした。

早速バッテリーパックを使ってカメラをチェックしてみても、
実際にフィルムで撮影しても、問題なし。

よくよく話をしていく中で、一つ思い当たることがあったので
その方法を試してみたらやはりそれが原因だったようです。




その原因とは・・・・・・
「シャッターボタンを押した後、ボタンから指を離すタイミングが早い」ことです。

シャッターボタンを押すと、すごくアナログチックな仕組みで通電が始まります。
IMG_1549
シャッターを押すとスイッチが入り2本のツメに電気が走ります。
通電中に指を離すとスイッチがOFFになってしまうので、
タイミングによっては作動がストップしてしまうことがあります。






では対策は?
「フィルムが出てくるまでシャッターボタンから指を離さないこと」です。

IMG_1550
さながら、すっぽんのようにシャッターボタンに喰らいつきましょう。

この一ヶ月間で
同様の問い合わせ内容で、同じ原因の事例が数件あったので、この機会にご案内いたしました。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



使い方やポイントなど、なかなか一度で伝えきることは難しいですが、
そんな時に役立つのがワークショップです。


ポラロイドを使った事のない人はもちろんですが、
持ってるけど使い方に自信のない人、この機会に聞きたいことがあれば何でも聞いて下さい。
ポイントさえ掴んでしまえば、簡単なカメラです。


最近の日めくりカレンダーの写真のクォリティがぐんぐん上がってきました。
フィルムの質が上がったこともありますが、
みなさんがポラロイドを撮り慣れてきたことが大きいのではないかと思っています。

撮った写真をお店に見せに来てくれて、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、
次に来た時に「うまく撮れた!」と見せてくれる写真、確かに上手になっています。
その時のお客さんの顔や話を聞くと、なんだかすごく嬉しい気持ちになります。



分からないことを分からないままにするよりも、
せっかく知ってる人間がいるので、疑問を解決して気持ちよく楽しんで欲しいと思います。
[みなさまのワークショップへのご参加お待ちしております]