SX-70 FOREVER BLOG

飾ったりしまったりするアクセ

ポラロイドの撮影に必要なもの

2012年4月。

ポラロイド社のフィルムが存在しなくなってから4年近くが経とうとしています。

ポラロイドフィルム終了のニュースから2年後に発売された
IMPOSSIBLE社製ポラロイド専用フィルム「PXフィルム」も
ここにきてようやく広く認知されるようになってきました。

そでれは今現在、SX-70などのポラロイドを使って「PXフィルム」を楽しむためにはどうしたら?
この記事ではその前の大前提として“ポラロイドに必要なモノ”を、紹介します。






『PX SHADEとは? 遮光とは?』

a93a6922

PXフィルムの性能を引き出すためには、
撮影後にフィルムを光に当てないようにすることが大切です。

特にカメラから排出された直後の5秒間が最もデリケートで、
ここでしっかりと光を防げるかどうかで写真の出来上がりが変わってきます。

img132img133
(左)感光してしまったフィルム  (右)PX SHADEを使って感光を防いだフィルム



シャッターボタンを押した後、
カメラからフィルムが排出される時の感光を防ぐのが『PX SHADE』です。

PX SHADEを使うことで、簡単に遮光ができるようになり、
落ち着いてゆっくりと撮影することができるようになります。

5a862144-s
PX SHADEの詳しい使い方を見る



最初の5秒間光が遮れたら、そのあとは箱やバッグ、ポケットなどにしまいましょう。
室内であればテーブルなどに裏返しに伏せておいて下さい。

白黒フィルムは約2分
カラーフィルムは約4分
ほど光に当てないようにします。

PX SHADEの商品ページはこちらから。







『NDフィルターとは? 感度とは?』

まず、フィルム感度とは“フィルムが光を感じる強さ”のことです。
一般にPXフィルムにおいては「ASA」という表記で、箱に横向きで書かれています。

3028bde4

「感度が100(または125)のものは低感度フィルム」(=多くの光が必要)
「感度が600のものが高感度フィルム」(=少ない光でも撮影可能)
と呼びます。

『SX-70』は、ASA100やASA125の低感度フィルムを
『SLR680・690』や『600カスタムモデル』は、ASA600の高感度フィルムを
専用に使うカメラとして調整されています。

PXフィルムの装填の仕方はこちらから。





基本的にはそれぞれのカメラに適した感度のフィルムを使用しますが、
NDフィルターを装着することで“SX-70でもISO600の高感度フィルムを楽しめる”ようになります。

518966f8-s




本来『SX-70』は低感度フィルム用のカメラなので、多くの光を取込む設定になっています。
SX-70で高感度フィルムを使いたい場合は、SX-70にNDフィルターを貼付けます。

これにより、カメラに入ってくる光の量が抑えられるので、
少しの光でも写せる高感度フィルムに対して、ちょうど良い光の量が当てられることになります。

8412527e-s




NDフィルターはシール式になっているので、レンズ周辺部に貼るだけです。
イメージで言えば、夏のまぶしい日にサングラスをかけるようなものでしょうか。

19c8ecb7-s




「専用のフィルムだけ使えば、NDフィルターなんて要らないんじゃないか?」
と言われればその通りなのですが、現在では特徴のある様々な種類のPXフィルムが発売されています。
NDフィルターを持っていれば、それらを余すとこなく楽しむことができるので、
ポラロイドを使う上では、ぜひとも手に入れておいていただきたいアイテムなのです。

NDフィルターの商品ページはこちらから。

ポラアクセサリー(アルバム編)

こんばんは、タドコロです。

ポラロイドフィルムの復活のニュースを受けてか、
SX−70を購入してこれから使い始める方や、
壊れてしまったSX-70を修理して使う方、
押し入れの奥深くに眠っていたSX-70を引っ張り出して使い始める方、
様々な方が『SX-70』に注目しているのは間違いないでしょう。

そのせいか、こんな声を耳にすることが増えました。
『撮った写真は、どうやって保管したらいいですか?』

なるほどー、そうですよね。
僕はフィルムが入っていた箱に一時保管してるのですが、みんなどうしてるか、気になりますよね。

でもその話をする前に、2009年5月7日に書いたフィルムに関する大切なお話という記事をご覧下さい。




読んでいただいたでしょうか。

記事にあった通り、写真の下の空白には現像液が入っているのですが、それが本体から出て来る時にローラーによって引き伸ばされて、現像液が写真全体に行き渡るようになっています。

ということは、写真は最初はまだ液体(半個体)の柔らかい状態なんです。
(ちなみにこの状態の時に、ヘラなどで絵を崩すと油絵のようなマニュピレーションができるわけです。)

この時点でアルバムに入れてしまうと、液が固まっていないのに前後方から押し付けられることで、劣化を早めてしまうようです。
そういう体験をした方も、いらっしゃるのではないでしょうか。


ではどうすれば良いかと言うと、
“乾くまで自然乾燥”
(強い光が写真に当たると色が抜けていくので、暗い所に置いておくと良いです)

僕の感覚からすると、600フィルムは3日くらい、TZフィルムは1週間くらい放置しておくと、写真が固くなります。
写真を両手で持って波打たせると、パコパコと小学生の頃につかっていた下敷きみたいな感触と音がします。

こうなったら、出来上がりです。
アルバムにしまってあげましょう。
IMG_2095

『でも、ポラがちょうど入るアルバムが無い』という方はこちらはいかがでしょうか?
IMG_2105
1冊で20枚入ります。
在庫も残り僅かになってしまいましたが、商品ページはこちらです。

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ