SX-70 FOREVER BLOG

取り付けて使うアクセ

もっと、クローズアップしてあげて!!

どうも、やまもとです。


普段、あまりクローズアップされない
可哀想なポラアクセサリーたちがありまして。


そう、クローズアップレンズがね。


1_000000005920
SX-70用純正クローズアップレンズ 8,000円


1_003001000054
680/690用純正クローズアップレンズ 9,800円


1_000000003443
ミントレンズセット 9,800円



なもんで、今日はお店のカメラたちを
ポラのクローズアップレンズでかっこ良く撮る
撮影会をやってみましたよ。
※決して、暇だったから遊んでた訳じゃないです。本当です。


CCI20160906_1
CCI20160906_2
CCI20160906_3
CCI20160906_4


ライカとか、ローライとか、カッコいいでしょ。うんうん。


もともとクローズアップレンズ使わなくても
SX-70は26cmまで寄れるので、接写も強いっちゃあ強いんですけど
クローズアップレンズ付けると13cmまでがっちり接写が出来ちゃうんです。


そういえば、ぼくがスイートロードに働く前の頃に
クローズアップレンズにハマって
こんな感じでよく撮ってたの思い出しました。


2007122822434420080228212637
2007121923435820080127224005


当時は何故かムーミンが好きで撮ってたけど、
今思うとこんなメルヘンな写真撮れるセンスは
一体どこへ行ってしまったんだろうか。
いまのぼくからは全く想像がつきません。


んなことは、どうでも良くて
ケーキとか、ごはんとか、花とか、そういうの撮る時なんか
結構大活躍する、普段クローズアップされない
クローズアップレンズいかがですか。楽しいよ。


それでは。


【その他ポラロイドアクセサリーが気になる方はこちら!】



****************

SX-70 by SWEETROAD

〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2−21 シノックスプラザ1F
Tel:044-542-4029 / mail:service@sx70.jp

4827a56f

ポラロイドにはアクセサリーがたくさんあります。〜望遠レンズ編〜

みなさまこんばんは、平林です。



ポラロイドって、今でこそおもちゃカメラのような扱いをされていますが、
発売当時はそれはそれは斬新で、最先端の高級カメラだったのです。

DSC01217


ポラロイドSX-70の初期モデル(1st)は、日本での発売当時、定価が79,800円でした。
その頃の日本は大卒の初任給が68,000円という時代。
現在は平均して20万円前後ですから、今の日本の貨幣価値に換算すると約24万円のカメラということになります。


ポラロイド、かなり本気のカメラだと思いませんか?


ポラロイドフィルムの写真面は約8cm×8cm。

それだけ大きな写真を生み出すということは、それだけ性能のよいレンズを搭載しているということ。
実際、ポラロイドのレンズをフルサイズのデジタル一眼レフに装着して撮影された写真を見ましたが、
相当きれいです。(過去の記事に載せていますので興味のある方はこちらからどうぞ)



ここまでの説明で、ポラロイドがただのおもちゃカメラでは無いと言う事に気付いてくださった方、
ここからが本題です。

これだけ本気のカメラなのだから、当然、周辺アクセサリーも充実していました。

フラッシュ、リモートシャッター、セルフタイマーはもちろん、
接写レンズや望遠レンズなんかもあります。


まあでも、フラッシュ、リモートシャッター、セルフタイマー、接写レンズあたりは
割と馴染みのあるアクセサリーですよね。
みなさんにとっても、使う意味がよくわかるアクセサリーだと思います。




じゃ、「望遠レンズ」って???






望遠レンズ、こんなやつです。

DSC01218



こんな風にカメラに装着します。

DSC01219



そうすると、レンズのミリ数が変わるんですね。
SX-70のレンズのミリ数は116mm。
この望遠レンズは1.5倍なので、これをつけることによって174mmに変わるのです。

で、どうなるのかいうと、


近づきたいけど近づけないものを大きく撮影できたり

img142img141



手前のボケ味が大きくなったり

img143img144



するわけです。


カメラの通説として、標準レンズの1.5倍あたりがポートレートレンズと言われています。
35mm判のカメラだったら、50mmが標準で85mmがポートレートレンズ、ということですね。

だからこの望遠レンズを装着したら、あなたのポラロイドもポートレート仕様になるわけです。

DSC01221DSC01220



静かにテンションあがります。

ぜひ使ってみてください。


望遠レンズの商品ページはこちらから。



〜ポラ遊び〜 手軽にいつもと違う写真。望遠・広角・マクロレンズ

今日の遊びはちょびっと手抜き。

取り付けが簡単なアクセサリーで、手軽にいつもと違う写真を撮ってみましょう。






◇望遠レンズ◇

img046


遠くのものを大きく写すことができ、前後の立体感が増します。






img045img046










左)レンズなし 右)レンズあり
















◇広角レンズ◇

img053


広ーく写すことができます。






img052img053











左)レンズなし 右)レンズあり
















◇マクロレンズ◇

img044


小さなものも、大きく写すことができます。






img047img044











左)レンズなし 右)レンズあり





広角レンズは、広角の機能とマクロの機能、どちらも持ち合わせています。
つまり広角レンズを持っていれば、そのままマクロレンズにもなってしまうのです!

望遠レンズは、遠くのものを近くに写すことができるので、動物園なんかで活躍しそうですね。
前後のボケ方もかわるので、ポートレートを撮ると印象的な写真になりますよ。

またこのレンズの特徴として、写真の四隅(周辺)が流れるように写ります。
真ん中だけがクローズアップされたようになるので、それもまたおもしろい効果を生み出します。



ポラロイドのレンズの前にマグネットで取り付けるだけなので、手軽さも◎。
SX70、SX70ソナー、SLR680/690、どのタイプのポラロイドにも取り付けることができます。



IMG_0562
広角・マクロレンズ(T-038S)を購入する






IMG_0558
望遠レンズ(501S)を購入する

新商品 SX-70用ストロボ FLASH BAR by MINT

こんばんは、タドコロです。



こんな新しい商品が開発されました。

2_003001000016
フラッシュバー by ミント



その名の通り、
ポラロイド社オリジナルの「フラシュバー」と同じようなサイズ感。

オリジナルは使い捨てだったのに比べ、こちらは何度でも繰り返し使えます。

IMG_0204
(左:フラッシュバーbyミント   右:オリジナルフラッシュバー)





さらに、単4 x 2本で使える手軽さも加わり、
ポケットに忍ばせておけば、ここぞという時に活躍する優れもの。

発光の強さも2段階で調節ができ、フィルム感度や距離によって調整ができます。

26img406

真っ暗な部屋でもこの通り。






対応機種は
SX-70マニュアル機。SX-70オートフォーカス機。ボックス型の一部モデル。
IMG_0204IMG_0203IMG_0206








この商品はとても良くできていて、純粋に良いです。
1つ持っておくと何かと心強いアイテムです。

ちなみに店舗にはオリジナルのフラッシュバーもご用意しております。

まずお手頃な価格のこちらを一度お試しになられてみて、
「フラッシュバーbyミント」購入の検討材料としていただくのも良いかと思います。
IMG_0205






2aadc78d-s

ポラアクセサリー(レンズ編)

こんばんは、タドコロです。

今日のお昼頃、お昼ご飯を買いに行ったスタッフから『裏路地にある梅がきれいだよ』との報告を受け、ちょっと撮ってきました。クローズアップレンズと、望遠レンズを使って。
というわけで昨日に引き続き、今日もポラロイドのアクセサリーをご紹介します。

まずは、690用クローズアップレンズから。
IMG_1985
ライティングのせいですが、なにやら悪そーな顔をしています。

これをポラロイドに取り付ける事で最短撮影距離が“13cm”になります。通常は26cmまでなので“2倍”寄れるようになります。
通常、接写をすると縮尺が1/2になりますが、接写レンズを取り付けることで“実物大”での撮影が可能になります。

実際に使ってみると
img251img250

左がノーマルの状態で、最短接写をした写真です。
右がクローズアップレンズを付けて、最短接写をした写真です。

花や小物など、小さい物のディテールを撮りたい時に便利です。

*690用となっていますが、実際にはSX-70全般、680にも使えます。
SX-70シリーズはストロボデュフューザがはみ出しますが、気にしなければOKです。
オートフォーカスには対応していませんので、ピントはマニュアルで合わせて下さい。
接写専用レンズのため、30cm位以上、被写体から離れるとピントは合いません。




次は、望遠レンズです。
IMG_1988
これまた、ガスマスク的なフォルムで、物騒さを醸し出していますが。

『遠くにあるものを、大きく撮りたい。』
或いは、『あとちょっと、手が届かない。近寄れない。』
そんな時に便利ですね。
img248img249

左は通常撮影です。
右は望遠レンズ使用です。

人を撮る時にも、圧迫感を与えないくらいの距離から撮影ができるので、個人的にはポートレートにもぜひ使って欲しいと思います。



SX-70にも装着可能な
デジタルキングの望遠レンズ501Sも試してみました。
IMG_1989
タコッパチみたいになりました。

さっきのポラロイド製の望遠レンズとの比較です。
img249img252
左はポラロイド製。
右はデジタルキング製。

画角はほぼいっしょですね。
デジタルキングのレンズにはトンネル効果が現れるようです。



自分のSX-70に取り付けるだけで、いろいろな効果が生まれる外付けレンズは、気軽に楽しめるのでおススメですよ。
過去には、セミフィッシュアイレンズのレポートもしています。
興味のある方は、こちらからご覧下さい。


ポラロイドアクセサリーはこちらへ。

ポラアクセサリー(シャッター編)

ごぶさたしております、タドコロです。


今日は久々にポラロイド用のアクセサリーの入荷がありました。一部ですが、こちらでーす。
IMG_1973

左上から時計回りに
・690用クローズアップレンズ(680にも使えます。ソナー付きにもマニュアルにも使えないことはないです)
・×1.5 望遠レンズ(全機種対応)
・セルフタイマー(全機種対応)
・シャッターレリーズ(全機種対応)




今日はセルフタイマーの紹介でもしようかなと、撮影場所を決め、一緒に写るモデルのマネキンを用意して、SX−70を台座にセッティングして、潜水帽をかぶって(何故?)準備して、セルフタイマーで撮影してました。全てを一人で。



そこに突然、お客さんが!(°_°;)



一人でやってる分には良かったのですが、その姿を人に見られた恥ずかしさと気まずさにさいなまれながら、そのお客さんとお話をしました。



制服姿でやってきた彼女は高校生で、明日の卒業式を迎えるにあたり、大切な思い出を大事なSX−70で記念に残したいと、フィルムを買いに来てくれたようです。

僕の潜水帽セルフポートレートは全く意に介してない素振りに救われつつお話をしていたら、『ポラで自分を撮った事がないが、卒業式だし自分もポラに写りたい』というお悩みをいただきました。

『今ちょうどセルフタイマーで撮ったのはこんな感じだよ』と、潜水帽セルフポートレートを見てもらい、ちょうとレリーズシャッターもあったので、試しに使ってもらいました。

その時の写真がこちら
IMG_1974
左:潜水帽セルフポートレート(セルフタイマー使用)
右:明日の卒業式セルフポートレート練習風景(レリーズシャッター使用)


左のセルフタイマーは、ボタンを押すと数秒後に自動的にシャッターが切れますので、両手がフリーになります。それをアピールしたくて今時ダブルピースです。

右の彼女が左手に持っているのが、レリ−ズシャッターです。リモコンみたいなボタンを押すと遠くからでもシャッターが切れます。明日の本番ではこの手が見えない様に写せていることを遠くからお祈りいたします。



アクセサリー情報はこちらから。



*以前に、あるお客様から貴重なレゴプリントの600フィルムをご好意でいただきました。期限が切れて3年経っているので、使わないのも逆にもったいないと思い、今回こういった形で使用させていただきました。改めて御礼を申し上げます。今も空き箱は大切に店内に飾らせていただいております。


記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ