SX-70 FOREVER BLOG

身の回りのアクセ

iphone × ポラロイド = ???

こんばんは、タドコロです。

みなさん、こういった商品をご存知でしょうか?
05

IMPOSSIBLE社から発売される
「IMPOSSIBLE INSTANT LAB」

なんと、iphoneで撮った写真をポラロイドにしてしまうという画期的な機械です。



デジタルとポラロイドの融合。
まだだれも体験したことのない、禁断の果実・・・!


01


うーん。これは新しい。
ポラもiphoneも使ってるワタクシとしては見逃せないアイテムです。

しかも、iphone5のこの時期と重なるとは・・・!くぅ!






昔撮ったお気に入りのあの一枚や、
アプリで加工したあのデータがアナログのポラロイド写真に・・・!

04

ちなみに上から見たイメージ図は、SX-70そっくり。
うん。この辺も分かってますね。



campfire_small
こちらに動画や説明が書いてあるので、よろしければご参考までにご一読ください。



え?ワタクシですか?
もちろん買いますよ。最速便のやつを。

これは楽しみですねぇ(踊)



ムフフのフ

みなさまこんばんは、平林です。


ふふふふふ、ついにあの話題の商品がオンラインショップに登場しましたよ。


張り替え革〜!

IMG_0663IMG_0667IMG_0669

IMG_0611IMG_0619













先行公開された”フラワー”も多くの女子のハートをわしづかみにしましたが、
その後順次発表されたモデルも、「かわいい!」と大好評。

もうすでにポラロイドを所有している方たちから、「張り替え用のものは無いのですか?」
とのお声をいただいたので、本日、めでたくデビューとなりました。


素材はビニールコーティングされたファブリック(布)で、少しの汚れなら拭いておとせます。
張り替え革と比べて素材が薄いので、カメラ本体にぴったりとフィットして、
まるで初めからプリントされていたかのような質感になります。
SX70、SX70ソナー、SLR680/690、革の部分は全て同じ寸法なので、どのモデルにも対応しています。



私も自分のポラをフレンチローズに張り替えて、ムフフな感じです。ムフ。

IMG_0654



1セット 1,480円!あなたのポラロイドもかわいくお着替えしましょ。



張り替え革をオンラインショップで見る

かわいすぎるポラロイド

みなさまこんばんは、平林です。

昨日のツイッターとNEWS from オンラインショップで既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ポラロイドの新色がデビューいたしました。

今年の2月にも新色の発表をしましたが、前回は重厚でかっこいい雰囲気の革でした。
今回デビューしたのは、ビニールコーティング生地を使った軽やかでかわいらしいコレクションです。

合わせるボディの色によって表情が変わるので、ついつい何台も欲しくなってしまいそうです(笑)。



<フラワー>
IMG_0616


スタンダードな小花柄。白地にピンクの花が可憐な印象です。

IMG_0626IMG_0627IMG_0628















<イングリッシュガーデン>
IMG_0612


モダンな雰囲気が漂う、シックな花柄。どのボディとも相性が良いです。

IMG_0633IMG_0634IMG_0635















<フレンチローズ>
IMG_0618_2


水色の地にバラの花束が描かれています。全体的に淡い色味で、優しい雰囲気。

IMG_0636IMG_0637IMG_0638















<レディビートル>
IMG_0611


まるでテントウ虫の背中のよう。黒ボディに合わせると、世界一有名なあの彼女にそっくり(笑)。

IMG_0622IMG_0623IMG_0625















<ビッグドット>
IMG_0619


インパクト大の、大きな水玉。紺色に大きな水玉なので、男性が持っていてもステキです。

IMG_0629IMG_0630IMG_0632










いかがですか?
かわいすぎて悶絶です。
オンラインショップにデビューしましたので、
ぜひチェック『かわいすぎるポラロイド』してみてください!







さくらさく

こんばんは、タドコロです。

今日はお花見日和でしたね。
明日もそうらしいですね。
心なしか、街いく人々がウキウキソワソワしているように感じます。

春になり桜が咲く。

それだけで心が浮き立つこの感じは、きっと生き物としての本能なのでしょう。
などと思っていたら。

昨日、アメリカにお住まいの日本人のお客様が遊びに来てくれて
「花見は日本独特の文化だよ。向こうの人はこの感覚は理解できない」って言っていました。

これは八百万の神に感謝し、自然を愛で、季節の変化を楽しむ日本人ならではの感覚のようです。
そんな風流な感覚を有する日本人って、やっぱり素敵じゃないですか。






というわけで、ポラロイド「さくら」をお持ちしました。
IMG_0300


張り替え用の革も用意いたしております。
IMG_0301


先日、このようなオーダーも受けました。
IMG_0299







色を増し
咲き乱れるは桜の木
数多の生の語り部となり

歌:多土頃倫






あと何度
散り行く桜に見蕩れるか
最後は我が死を看取る桜を

返歌:高間差訓

もっとポラロイドを楽しむために

みなさまこんばんは、平林です。

昨日に引き続き、今日もブログ二本立てですよ〜ワオ!




先日、店舗にはこんな商品が入荷しました。



:::::FILM STRAGE BOX:::::

3_003001000014

スタイリッシュなデザインの小さな箱。さて、これは何に使うものでしょう・・・?


2_003001000014

じゃーん。
撮影したフィルムをストックしておくための箱でした!
ポラロイドのフィルムぴったりサイズに設計されていて、これまたぴったり32枚(フィルム4箱分)収納できます。

黒い箱ですが、入れた写真の詳細を書けるよう白いインデックス部があります。

4_003001000014


アルバムに入れたり、飾ったりするほどの出来じゃなかったけど、世界に一つしかないポラロイド写真だから捨てるのは心苦しい・・・。
そんな時の保管に最適ですね!

私も部屋に散乱しているポラ写真をこれで整理しようかしら〜。

二つセットで\1,580ナリ。




そしてもうひとつは


:::::MAGNETIC FRAMES CLASSIC BLACK:::::

1_003001000015

お気に入りのポラロイド写真をカッコよく飾りたい!
そんなあなたの欲望を余す事無く吸い取るこのフレーム!
つや消しメタルの質感がかっこいい〜!


4_003001000015

通常の額と違い、台紙と外枠を磁石でくっつけるような構造になっているので、間に隙間が生まれず写真が安定します。

3_003001000015

従って裏面もすっきりとしたデザインになり、とてもスマートです。


さらにココがポイント!
ポラロイド写真を、周りの余白部分も含めて飾れる額って他にありますか?

そう、これはポラロイドのためだけの額なのです。潔い!


家の廊下とかにこれが飾ってあって〜、そこにダウンライトとか当たってたりして〜、なんだかミニギャラリーみたい〜〜〜!!!

なんて妄想もぽわぽわ。

\3,622ナリ。



フィルムストレージボックスをオンラインショップで見る
マグネチックフレームをオンラインショップで見る



ポラロイドチラ見せ新色

みなさまこんばんは、平林です。

今日のブログは二本立てです。わお!豪華!



すでにツイッターでチラ見せをしました「ポラロイド・春の新色」ですが、
他にもまだまだ新色がありますので、引き続きチラ見せしようかと思っております。ほほほ。



〜ダイナソーシリーズ(仮)〜
はるか古代、人類がまだ誕生する前、地球は彼らの帝国だった・・・。
そんな壮大なスペクタクルロマンをコンセプトに(したかどうかはご想像にお任せします)
とにかくかっこよく作られた革です!

:::::ダイナソーone:::::

DSC_0012DSC_0013








:::::ダイナソーtwo:::::

DSC_0016DSC_0017








:::::ダイナソーthree:::::

DSC_0018DSC_0021








:::::ダイナソーfour:::::

DSC_0029DSC_0031














〜アニマルシリーズ(仮)〜
高級ブランドの上質な鞄を持つように、ポラロイドを持ってほしい。
そんな思いをコンセプトに(したかどうかは記憶にありませんが)
とにかくおしゃれに作られた革です!

:::::クロコダイル(型押し):::::

DSC_0040DSC_0006








:::::オーストリッチ(型押し):::::

DSC_0026DSC_0028













〜パステルの国から(仮)〜
草花が芽吹く春。寒かった冬を抜け出して、街もだんだんと色づきはじめます。
希望に胸ふくらませ、新しい季節を待ち望む、そんな歌を歌っていたキャンディーズをコンセプトに(していません)
作られた、とってもかわいらしい革です!

:::::ランちゃん:::::

DSC_0036








:::::スーちゃん:::::

DSC_0035








:::::ミキちゃん:::::

DSC_0034













「ポラロイド・春の新色」ご紹介でした!

発売開始までは、まだもうちょっと待っててくださいね〜。

(※ここで使用したモデル名は、あくまでも仮の名称です!)






〜店舗紹介〜  ポラバッグ各種扱って〼

こんばんは、タドコロです。
IMG_1554
ただいまSX-70用のカバンが充実しておりますので、お知らせいたします。



SX-70用のカバンはポラロイド以外にも、様々なメーカーが作っていました。
当時のポラロイドの人気ぶりが伺えます。
その時代の中で特におすすめなのがこちらです。
IMG_1549
「速写ケース」と言いまして、
カバンからカメラを取り出さなくてもカメラと一緒に開閉が出来てしまう、優れもの。


カメラの保護のみではなく、ストラップの代わりにもなります。
IMG_1553
IMG_1555





その他、カメラ保護用のキャリングケース各種。
IMG_1549





カメラの他にも色々と収納できる、コンパートメントケース各種。
IMG_1548





こんな感じに取り揃え中です。
IMG_1550





サイトリニューアルの作業にともない、
しばらくウェブ上にこちらの商品のアップができませんので、
商品のお問い合わせは店舗までお願いいたします。
(明日月曜日は定休日ですので、火曜日以降のお問い合わせ下さいませ)

2aadc78d-s

ポラアクセサリー(かばん編)

IMG_1990

こんばんは、タドコロです。

今日は雨で寒いですが、昨日のような暖かさだとカメラを持って散歩でもしたくなってしまいますね。昨日うちのあるスタッフは『こんなにいい天気だと、仕事してる場合じゃない』なんて言っていました。立場上、大きな声では賛同できませんが、分かります。

さて、今日はポラロイドのカバンについてです。
みなさんは普段、どういう風にポラロイドを持ち歩いていますか?
僕は普段は裸で持ち歩いて(裸なのはカメラの方ですよ。変態ではありませんから)必要な時に自分のカバンから出し入れしたり、『今日は撮るぞ!モード』の時は速写ケースに入れて臨戦態勢でSX-70をぶら下げて出かけたりします。

みなさんにはみなさんのスタイルがあると思いますので、それに応じたカバンを選ぶといいと思います。

ポラロイド用のケースには大きく分類して、3種類あります。

・カメラを収納する為の『キャリーケース』
・カメラと一緒に折り畳める『速写ケース』
・アクセサリーと一緒に持ち歩ける『コンパートメントケース』

の3つです。



『キャリーケース』
カメラを保護することを目的としているので、基本的にはカメラのみを収納するものが多い。

ポラ純正ケースはカメラの収納のみです。あくまでカメラの保護に徹しているので、使い易くなるものではありませんが、質感に優れた上質なレザーは見た目のカッコよさと安心感を持っています。
IMG_1997

社外品の中には肩掛けできる物や、本体と一緒にフィルムも入れられる物もあります。こういった物は実用性がグッと増します。
IMG_1998IMG_1999

*690用の純正バッグも入荷しました。結構レアですよ。
IMG_1993




『速写ケース』
カメラの保護とストラップの役目を果たし、且つ撮影時にわざわざケースから取り出さなくても、カメラと一緒に折りたたみができるという優れもの。

ポラ純正品は“茶・こげ茶・黒”の3色展開。
IMG_1994
写真は、黒。

中にはストラップ穴が開けられていて、好きなストラップを取り付けられる社外のケースもあります。
IMG_1995
本革製でしっかり作られています。



『コンパートメントケース』
カメラ以外にもフィルムやアクセサリーも一緒に持ち運べるケース。

ポラ純正品は“こげ茶色のマニュアル用ケース”と“黒色のソナー用ケース”の2種類あります。
IMG_1992IMG_1991

マニュアル用は縦入れ式で、ソナー用は横入れ式になっています。
IMG_2000IMG_2001

これも他のメーカーから様々な専用ケースが作られており、当時のSX-70の人気ぶりがうかがえます。
IMG_2002



ケースが無くちゃいけないということは、全くありません。
ただ、SX-70の為にこういう物が存在していますので、ご自分のスタイルに合う方は便利だと思いますし、こういうちょっとした小物があると楽しくなってしまうのも事実ではないかな、と思う今日この頃の徒然でした。



ポラケースは、こちらから。>
*近々商品をアップしますので、お楽しみに。

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ