SX-70 FOREVER BLOG

IMPOSSIBLEトークショー

いよいよ明日スペシャルトークショーが開催されます。

12.3-とp


皆さん、こんにちは、

いよいよ明日、トークショーの本番です。

明日は、
11:00~16:00まで
18:00~20:00まで
お店は通常営業させて頂きます。

明日のスケジュールをお話ししておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎店舗オープン : 11:00~

▽特別企画:レンタルポラロイド開催!
・11:00~16:00まで

ポラロイドカメラ「SX-70」が無料にてレンタル出来ます。
しかもフィルムも「無料」で使えちゃう!
なんと今日のために「インポッシブル」からご提供頂きました。

誰でもレンタル出来ますのでお気軽にご来店下さい。
カメラの操作方法などはその場でレッスンさせて頂きます。
軽いワークショップみたいな感じですね。

◎16:30~トークショー受付開始!
16:00前後からトークショーを
ご視聴頂く方々にご来店頂きます。
たくさんのお客さんで店が盛り上がって来ます。

◎17:00~トークショー開始

約1時間のトークショーが開催されます。
とても楽しみです。

◎18:00トークショー終了


◎18:00~20:00まで 通常営業
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トークショー終了後は、店舗は通常営業させて頂きます。
※この時間帯にくればDocに会えるかもしれませんよ。

12.3-1

今回のトークショーではこんなつっこんだ質問もしてみようと思います。
Q.カラーフィルムの終着点はどれぐらいのクォリティーになりますか?
Q.現在の「PXフィルム」の満足度は何%くらいですか?
Q.次の新作は何ですか?

☆実は、当日会場ではポートレート撮影や会場の雰囲気を切り撮って頂くために
写真家の『白井 綾さん』をお呼びしております。
『aya shirai photographs』
とてもステキな写真を撮られる写真家さんです。
ポートレート撮影や会場の雰囲気をポラロイドで撮影して頂きます。
記念にポートレートを撮ってもらえちゃいます。

明日は、トークショー以外にも店頭は結構楽しんで頂けると思います。
皆さんのご来店お待ちしております。

トークショーの詳しい情報は下記よりご覧下さい。
『ポラロイドフィルムを復活させた男』スペシャルトークショー



12.3-2


▽それから本日「IMPOSSIBLE TOKYO」のレセプションパーティーがありました。
結構盛り上がっていた様子です。有名どころの写真家の方々がポラロイドにて写真を
撮られていました。

香港などからこられている方もいらっしゃった様です。
明日当店にも遊びに来るそうです。
「IMPOSSIBLE TOKYO」は中目黒の駅から歩いていける非常に良い所に
あります。今話題の華道家「東 信」さんの作品も展示されているそうです。
期間限定なのでお時間がある時にぜひ、足をお運び下さい。



12.3-i












スペシャルトークショー終了しました。

12.4-top

今年の3月に新しいフィルムが発表されてから
皆さんもたくさんフィルムをご使用頂いたと思いますが
3月の発表前にDoc(フロリアン・キャプス氏)とお話を
させてもらう機会がありその時に彼の考えを
皆さんに伝えたいと思っていたのと

良くも悪くも約8ヶ月みんながこの「PXフィルム」を使ってみて
色々な疑問が湧いて来たと思います。
Docが考えている事もみんなに聞いてほしかったし、
みんなが思っている疑問をDocに答えてほしかった。
という事でこのトークショーを企画しました。


この写真の彼がDocです。

12.4-1

Q.カラーフィルムの終着点はどれぐらいのクォリティーになりますか?
A.終着点というよりも毎回生産するロットの本数が少量なので、
今のクオリティーより次回は高くする事をしている。

Q.現在の「PXフィルム」の満足度は何%くらいですか?
A.100%

Q.次の新作は何ですか?
A.「PX100 UV+」を準備中との事です。


詳しい質問事項の回答は又、後日ブログにて発表させて頂きます。
さらに、今回は動画を撮影しましたので、それも編集終了後
ブログにアップ致します。

12.4-2

今日は、1時間30分ほどの時間をいただきました(30分オーバー)
Docがどんな人かちょこっとはわかって頂けたかと思います。
本当に希少な時間を皆さんと共有出来た事を嬉しく思います。
Docにサインをもらっている人もいました。

それから会場で「ポートレート撮影」を行なって頂いた
「白井 綾さん」aya shirai photographs
すごくいい感じに撮影して頂きました。
ご来店頂いたお客さんたちの表情をちゃんと見てくれて
その表情を生かして撮影して頂きました。

本当にリクエスト以上に良いポートレートでこれまた
嬉しくてたまりません。

ちょっとご紹介させて頂きます。

12.4-3

何かを伝えたい時は、最初に伝えたいと思った人が
ちゃんと動く事が大事なんだと思った一日でした。

これからも色々事をやって行きたいと思っています。

その時はぜひ、皆さんもご参加下さい。
ありがとうございました。

また、後日トークショーの更新をしたいと
思います。乞うご期待!!



トークショーの動画ができあがりました。

17top



皆さん、こんばんは
今月の4日に開催させて頂きましたトークショーの動画が出来上がりました。

「SX-70 by SWEETROAD」の店内で開催させて頂いたので
ご視聴頂けるお客様がかなり制限されてしまうと思い、動画を撮影して
雰囲気を伝えたいと思いました。

どうぞご覧下さい。






今、Doc(フロリアン・キャプス氏)に99の質問事項を投げかけています。
1時間のトークショーでは、充分に質問を出来ないと思っていました。
聞きたい事がたくさんあり1時間では足りないでも3時間も4時間も出来ない。
という事で出来るだけ多くの質問に答えてもらおうと「99の質問」を
皆様からも募集をし、私自身も考えさせて頂きました。

後日ブログにてコチラもご紹介して行きたいと思います。

次回へとつづく・・・




IMPOSSIBLEとフロリアンへの質問 33個/100中

t


みなさん、こんにちは andyです。

立春が過ぎた今日は春の暖かさを少し感じる陽気でした。
昨年の12月に開催したトークショーの時に
色々な質問を考えたのですが、その質問を「100個」用意して
インポッシブル代表のフロリアン・キャプス氏にお答え頂きました。

まず、100個の内の33個を掲載させて頂きます。
ぜひ、ご一読下さい。

=======================================


◎『フロリアン・キャプス氏への質問』

1.年齢はいくつですか?
41歳です。

2.日本は好きですか?日本の好きな所はどこですか?
日本は大好きです。といっても何回も来ていますが、
あまり観光をしたことがなく東京のことしか知りませんが。
東京はとても大好きと言えます。


3.なぜ「Doc」と呼ばれているのですか?
生物学の教授時代に、ドクというあだ名をふざけてつけられたのが
きっかけで、今ではみんながドクの愛称で呼びます(笑)

4.SX-70のどんな所が好きですか?
SX70の全ての部分を愛しています。

5.ポラロイドカメラのどんな所が好きですか?
あまり大差をつけられませんが、特にといえばボタンかな?
押すとあの音が聞けるから。


6.ポラロイド以外で好きなカメラはありますか?
8ミリが好きです。

7.日本の写真家で個人的に好きな写真家はどなたですか?
荒木経惟さんが大好きです。


8.Docが個人的に思う「PXフィルム」に相性がベストマッチしているカメラマンはどなたですか?
全てのクリエイティブで、オープンマインドで、冒険好きで
ユニークな魔法が好きな写真家に使ってもらいたい。


9.アーティストの写真を選ぶ上で大切にしている事はありますか?
バラエティ、クリエイティビティ、スタイル、雰囲気

10.「PXフィルム」の製造を決めたのはどれぐらい前ですか?それを決めた理由は?
2008年からです。15ヶ月間は試行錯誤が続き、2010年の春ようやく
最初のフィルムができました。


1



11.不可能と言われたポラロイドフィルム復活までの道のりを教えて下さい。
ポラロイド工場封鎖のことを聞き、飲み屋でやけ酒を飲んでいたときに
現工場長のアンドレにインスタントフィルムの再生産の可能性を聞いたのが
2008年、その後この誰もが怖くて手を出せなかった冒険に入った。
それから15ヶ月間は試行錯誤の日が続き、
今年春にようやく最初のフィルムをドロップ。
クオリティに問題が残りつつも現在までにモノクロを三代、カラーを二代
リリース。徐々に進化をとげてきました。今後高感度カラーフィルムなど
今までなかった種類のフレーバーをリリースしていきたい。


12.一番最初に出来たフィルムはどんなフィルムですか?
フィルムが出来た時の気持ちは? 写真は撮れた? 

最初のリリースはPX100SILVER SHADE FIRST FLUSH.
SX70専用のモノクロフィルムです。
そのフィルムを手にした時、夢のような気分でした。



13.ポラロイドのブレンドフィルムはDocが作ったのですか?
いいえ

14.☆Docのカメラ歴(中でもポラロイドとの出会い)
2005年までは生物学を学び、その後LOMOGRAPHYで
オンラインプラットフォームを世界に浸透させるプロジェクトに参加。
その頃から特に興味があったのが、ポラロイドであり
その後すぐに独自のスタンスでポラロイドのDISTRIBUTIONを開始する。
工場閉鎖のニュースを聞いたが、クロージングパーティーでアンドレに会って
また新たなプロジェクトが始まった。


15.☆カメラ日和では、ポラロイドは「かわいく撮れる(描写がやわらかでまったりと独特の質感がある、
ましかくサイズ、色合い) 」王道のカメラとして人気だけど、Docさん自身はどう思っているか?

誰かがこんなことを言ってます。インスタントフィルムでキャプチャーした世界は現実よりももう少しポエティック。
確かにインスタントフィルムで撮影したもの全てはとても特別な雰囲気のものになると誰もが自覚してしまうものでしょう。


16.☆現フィルムでのDocのおすすめテクニックはありますか?
自分のカメラにあうフィルムをめんどくさがらずに最高の手順で撮影することです。


17.☆今後、インスタントフィルムは生き残っていくと思うか?
確実にYES言えるでしょう。
市場はデジタル化になるでしょうが、アナログのインスタント写真が生き残る創造的な市場があるからです。


18.今までは何をしていた人なのですか?
14番の答えをご覧下さい。

19.カメラ業界の人なのですか?
オンラインコミュニティーデベロプメントという部署を
仕切っていました。カメラそのものとは直接関係ないところです。


20.ポラロイドは使ってどれくらいですか?
5年


2


21.今まで何枚くらいのポラを撮りましたか?
数えてないけど軽く1000枚は超えているはずです。

22.何のフィルムを使ったことがありますか?
Iphone, デジカメはもちろん、ロモのカメラもたまに使います。

23.どのフィルムが好きですか?
オリジナルのポラロイドフィルムが好きです。

24.今のフィルムの保存状況や変色の現状については、どう思いますか?
現行のUV+シリーズは既に極上のクオリティにまで仕上がっていると言えるでしょう。
満足はせずこの先もどんどん独自の改良を重ね、フレイバーを増やしていくつもりです。


25.Docの中での「PXフィルム」の満足度は何%くらいですか?
もちろん現時点で最高のものを世に送り出していますが、
消して終わりはなく今後の目標はさらにさらにいいものを作ることです。


26.富士フィルムのチェキはご存知ですか?どう思いますか?
とてもかわいいし、素敵だと思います。


27.今回、スイートロードで行なわれたスペシャルトークショーはどうでしたか?
おもしろくて、心温まるとても特別な体験ができました。


◎一般ユーザーさんからの質問

▽ニックネーム:ドラゴン
28.なぜ、当時と同じフィルムではなくて新しいフィルムで復活させたのでしょうか?
こだわりorなりゆき?

答えは単純で、材料として必要なものを作っているところがもうなくなっており、
現在は昔のレシピに沿って独自に開発したコンポーネントや材料を使って生産しています。


29.復活させたフィルム達で撮った「お気に入りの一枚」って、どんな写真ですか?
愛のある目で撮られた写真

▽ニックネーム:とっきー
30.Docにとって「写真」とは、どんな物・存在ですか?

写真と言えば「ポラロイドカメラ」

▽武野
31.Docが思うポラロイドの重要性・ポラロイドにこだわる理由は?

一番大事なことは写真がアナログでユニークであること


32.◇ロモグラフィーではどんな仕事をしていたのですか?
オンラインコミュニティやツールの開発です。

33.◇ロモグラフィーの時代にフィルムを作る事は考えなかったのですか?
ロモグラフィーをやめたのちに始めました。


=======================================

このトークショーを開催したのが、2010年12月4日でした。
(3日がレセプションパーティでした)

3


実は、「IMPOSSIBLE project spaces TOKYO」のオープン初日にも関わらず
フロリアン・キャプス氏はトークショーを快諾してくれました。

実際に、PXフィルムに関しては、いろいろな意見があると思いますが
今、このフィルムを楽しんで頂くのが一番だと思います。
当店の「毎々写真」「FOREVER people」などでも実写したものを掲載していますが
このPXフィルムにはPXフィルムなりの「楽しみ方」が確実にあります。
カラーも独特の雰囲気を持っていますが、シルバーシェード ”グンバツ”(抜群の最上級)
毎々写真のポートレート見て下さい。すごくいい質感に「あ〜〜いいね〜」と
思わずつぶやいてしまいます。

また、来週につづきをご紹介させて頂きます。
宜しくお願いします。










IMPOSSIBLEとフロリアンへの質問 34〜69/100中

t


皆さん こんにちは
昨日は、関東地方は雪が降り、つもるかな?なんて思っていたのですが
積もりませんでした。

子供の頃、雪が積もった日には
誰も歩いていない川沿いの細道を自転車で走るのが好きでした。
今は「電車遅れないかな」などという
心配しかしていませんが、
積もりそうな雪が降ると何となく「そわそわ」してしまいます。
そんな「andy」です。

さて、先週につづきフロリアン・キャプス氏にお答え頂いた
質問の34〜69までを掲載させて頂きました。
ぜひ、ご覧下さい。
=======================================


◎『インポッシブル社の聞きたい事』

34.◇「PXフィルム」を2010年3月に発表しましたが、なぜ、あのタイミングだったのですか?
ニューヨークで発表した理由は、1947年にエドウィン・ランド博士が
同じニューヨークでポラロイドカメラとフィルムを発表したからです。
発表の日程は2010年2月22日、ランド博士が発表をした63年と1日後に予定していたのですが
生産過程での最後の大きな問題を一つクリアする必要性があり、それがあったおかげで
プレゼンテーションの日程を延期せざる終えない状況になり1ヶ月後の3月に発表をしました。


35.ポラロイド社がフィルム事業から撤退しましたが、そこにあえて参入しましたが
ポラロイドが出来なくてインポッシブルがフィルム事業を展開出来るのはなぜですか?

ポラロイド社の判断としてはインスタントフィルムのマーケットが
今後面白いものであると思わなかったのが理由だと思います。


36.◇現在のポラロイドとは、どんな間柄なんですか?
サミットグローバルは今後ポラロイドとは関係がなくなります。
今後はHilco Consumer Capital and the Gordon Brothers Groupが権利を
持つことになるようです。特に述べることもないですが、会ったり話したりは
普通にしています。


37.◇ポラロイドとつながりをもっと強く持つ動きはありませんか?
僕らのフィルムはとても実験的要素が多く、
現時点でどこかと提携して何かをすることは考えていません。


38.◇ポラロイドとは、今後協力をして何かやっていくのですか?
時が全てを教えてくれるはず。

39.インポッシブル社の従業員数は?
世界で50人くらいかな。

40.◇カメラを作る予定があるとお伺いしましたが自社で生産されるのか?
それともどこかと組んで作るのですか?

とてもハイクオリティなインポシブルカメラを企画中です。
2012年までには形になるでしょう。


41.オランダ工場を選んだ理由は?金額はいくらだったんですか?
すぐにでも製造が可能な工場が唯一このエンスヘーデ(オランダ)の工場だったのです。

42.今後の「PXフィルム」の販売促進活動などの具体的な計画はありますか?
プロモーションにかける費用はあまりなく。
今後もコラボレーションとして作品を世に送り出す方に専念するつもりです。


43.ポラロイドのメキシコ工場はまだあるのですか?
僕の知る限り答えはいいえです。

45.☆インポッシブルに消費者からは、どんな意見が一番届きますか?
とても前向きな物ですね。
ポラロイド用のフィルムが復活した事をとても喜んでいます。
今までとは違うクリエイティブで可能性のあるこのPXフィルムを
楽しみたいと言う内容だと思います。
 

46.消費者の意見で嬉しかったエピソードはありますか?
多くの人達と共有出来ている事に感謝(愛を感じています)しています。

47.消費者の意見キツかったエピソードはありますか?
多くの人達と共有出来ている事に感謝(愛を感じています)しています。

48.ピールアパートフィルムを製造する予定はありますか?
残念ながら、私たちはピールアパートフィルムを製造するために
必要な生産機械を持っていません。


49.次に予定している新作の商品は何ですか?
2011年、今年の最も重要な目標としては、現状のフィルムに力を注いでいき、
よりクォリティーを上げていくことです。 
もちろん人気の600カラーフィルム「680カラーシェイド」などがあります。
現在は標準のPX70と600カメラ用のフィルムの開発に取り組んでいます。
さらにエキシビジョンしたり、様々なイベント事などもしていきたいと考えています。
まだ始まったばかりです。


50.大手量販店(ヨドバシカメラ・ビックカメラなど)でフィルムが買える様になりますか?
量販店での販売は考えておりませんが、
日本全国どこにいてもこのフィルムでの撮影が楽しめるように、
色々な場所で展開できればと思います。


51.来年のCP+には出店されますか?
出店する予定は今の所ありません。


◎一般ユーザーからの質問
▽ニックネーム:sgt
52.インスタントフィルム製造の経験を持たないilford社をパートナーに選んだのは何故ですか?

モノクロのエキスパートとして有名ですからね。

▽ニックネーム:saito
53.もし必要な資金を用意できたとしたら、"Polaroid"の商標を買収しますか?

もし、その資金が有ったとしても”名前”より
フィルムのクオリティーを向上させる為にその資金を使います。


12-1


◎『PXフィルムの事』

54.「PXフィルム」を作って苦労したところはどんな所ですか?
今は入手不可な31個のコンポーネントの変わりを見つけることです。

55.「PXフィルム」はどうして今のクォリティーなんですか?
従来のフィルムと違い問題も多いフィルムですが、
マニピュレーション対応や、独自の良さがあるPXフィルムは多くの人に
気に入ってもらえると信じています。


56.カラーフィルムの終着点はどれぐらいのクォリティーになりますか?
カラーフィルムの開発途中(進化の過程)段階なので、まだわかりません。

57.今年は何本「PXフィルム」は消費されたのですか?
50万本近くのフィルムを生産しました。

58.「PXフィルム」を一番消費している国はどこですか?
アメリカやフランスが現時点では一番です。
今後、日本やその他アジア地域での消費量が増える可能性を感じています。


59.一番売れない国はどこですか?
難しい質問ですが、昨年はアフリカなどの注文は少なかったですね。

60.日本は何番目ぐらいなんですか?
アジア向けのウェブショプと事務所(倉庫)をオープンしたばかりですので、ある程度してきたらその辺りは見えて来るのではないでしょうか。
日本での販売は増えていますよ。


61.どうしてポラロイド600フィルムのクォリティーにならない?
従来のポラロイドフィルムとは比較しません。
スタートから違うもので、かつ本質的に違うのです。
なぜならimpossible社のフィルムは新しく、特別な物と考えております。


62.どうしてポラロイド600フィルムをそのまま作らなかったのですか?
コストパフォーマンスが一番の理由ですか?


答えは単純で、材料として必要なものを作っているところがもうなくなっており、
現在は昔のレシピに沿って独自に開発したコンポーネントや
材料を使って生産しています。


63.ポラロイド600フィルムを作るレシピはあるのですか?
レシピはありますが、材料がないのですね。

64.この「PXフィルム」の製造はどれぐらい続ける予定ですか?
10年は最低でもやりたい。

65.フィルムの品質管理チェックは、どのようにしているのですか?
クオリティ専門の責任者が毎日テストをしています。

66.「PX100フィルム」のキラークリスタルの症状が出た時、どう思いました?
とてもショックでした。
昨年はそのような事もあり沢山の事を学びました。
現在は新しいフィルムの準備に取り組んでいます。


67.国によりPXフィルムの仕様を変えていたりしますか?
いいえ、国によって変えてはおりません。
ただ撮影するときの環境(気温など)は十分に考慮しなければなりません。


68.☆消費者からの意見はどのように商品(PXフィルム)に反映されていますか?
消費者からの意見は一つ一つがとても重要なものだと感じています。

69.昔のフィルムを解析できているのですか?
はい。ただし何度もいいますが同じ材料はこの世にありません。

=======================================

この世界で唯一「ポラロイド用」のフィルムを生産しているのが
インポッシブルがポラロイドフィルムの生産を始める時に
私は「600フィルムが復活するんだ」と思っていました。
同じ様に思っていた人はたくさんいるはずです。

初めてDoc/ドック(フロリアン・キャプス氏)に会った時に
衝撃を受けました。
だって「600フィルムを復活させるんじゃないですよ」と
言い切っていましたからそりゃびっくりしましたよ。

いろいろと質問をして「600フィルム」と
”全く同じ物”は作れないんだとわかりました。
それは600フィルムを作る為の原材料が無い、
作る事も出来ないので「600フィルム」
を作る事が出来ないのです。
どこか腑に落ちない所があったのですが
それを理解する事が出来ました。

49番の答えに「680カラーシェイド」を発表する話も
出ていますので楽しみではあります。


下記に「USTREAM」にトークショーのフル動画1時間ちょっとあるので
長いのですが掲載しておきます。
もし、お時間がありましたらご覧下さい。








記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ