SX-70 FOREVER BLOG

一眼レフカメラ デビューサポートセンター

オリンパスはオーバー気味がオススメ

こんばんは、タドコロです。


「ハイ、一眼レフカメラ デビューサポートセンターです。」
の1コーナー
「あなたにピッタリなカメラは?」のチャートは試してみましたか?

slr_img_chart02


ワタクシは本格コンタックスに辿り着いてしまい、
最近「S2が欲しい欲しい」と騒いでたところだったので、まさに言い当てられてビックリしてしまいました。



・・・と、ワタクシの話は置いておいて
まずオリンパスのことについて。



人によって見方や意見はあると思いますが、
僕の個人的な印象ではオリンパスのZUIKOレンズは総じて

コントラスト高め・色乗りこってり・甘めの描写

というイメージです。

img07338920011



この特性を活かして、少しオーバー気味の露出で撮ると不思議な印象の写真になります。
img069
粗めのトレーシングペーパーをかけたような感じというか。


甘めの描写と相まった優しく柔らかなタッチと、
力強く残る原色のアンバランス感が、独特な質感を生みます。
img067








どこかトイカメっぽさもある味わいの深い、こういう雰囲気の写真が好きな人へは、
オリンパスOMシリーズがオススメです。

38930006img07041490007
38940032img066img075
41490018img071img068








明日は使い勝手の面からお話ししたいと思います。

slr_main

OMは使い勝手がヨロシ!

みなさまこんばんは、平林です。

昨日はタドコロ店長より、オリンパスOM-1の撮れ味についてオススメポイントが紹介されましたが、今日はその操作性という観点から、わたくし平林のオススメポイントをご紹介したいと思います!


slr_olympus01_img


と、その前に・・・

数あるカメラの種類の中で、一眼レフというのは最もポピュラーな種類。
当然、各メーカーからは様々なモデルの一眼レフが発表されています。

しかしオリンパスにおいて一眼レフカメラというのは、なんとOMシリーズだけなんです!
(ペンFは一眼レフだけど異端児だから外すよっ。大目にみてねっ。)

天才設計士・米谷美久氏の理念に基づき生み出された0Mシリーズは、当時のどの一眼レフカメラよりも小さく、軽く、シャッター音が静かでした。

またオリンパスにおける一眼レフカメラがOMシリーズだけであることからわかるように、OM用として発表されたアクセサリーは全て互換性があるものでした。


今回、本格オリンパスとして紹介しているOM-1を実際に使ってみると、その使い勝手の良さに驚きます。


通常、シャッタースピードのダイヤルはカメラ上部に配置されていることがほとんどなのですが、

IMG_0132
(こんな風に。)

IMG_0133
(OM-1だとここはフィルム感度の設定ダイヤルになります。)





OM-1はレンズマウント部にダイヤルを配置しているのです。

IMG_0134


そうすることで、絞りとシャッタースピードの設定、さらにはピント合わせまでもが一連の流れで出来るようになります。
この流れるような操作感、本当に使いやすいです。

IMG_0130


ファインダー内の左下にはシンプルな露出表示があります。
露出を変えると動く針があるので、それが+と−のちょうど真ん中に来るようにします。

IMG_0137
IMG_0136


それ以外の表示は何も無いので直感的に操作できる反面、「今、どの絞りやシャッタースピードで撮っているのか。」という確認や、どれくらい露出が足りないのか、といったことが正確にわからないので好みの分かれどころかと思います。



普通とちょっと違う、一歩先行くカメラ。
米谷スピリッツに溢れたオリンパスの一眼レフでした。

ペンタックスはガツンときます。

みなさまこんばんは、平林です。

slr_main


「ハイ、一眼レフカメラ デビューサポートセンターです。」



今日はペンタックスのカメラについて・・・。

現在、毎月連載をしている「彼女のカメラ」。
あの写真は、ペンタックスのカメラで撮影しています。

DH000019_1


ペンタックスの写真の特徴、それは「力強さ」だと思います。

DH000003


コントラストが強く、モノの輪郭が滲んでいる。
モノの輪郭をはっきりと縁取りしないので、立体感、臨場感が感じられる写真が撮れます。

DH000063DH000018_1














決して繊細ではなく、無骨な感じ。この骨太感、伝わるかなぁ?

この骨太感というか、物事をデティールでは無く雰囲気で捉える所が男の人のモノの見方に近いな〜と思ったので、男子目線で語られる「彼女のカメラ」の撮影に使っているワケです。


カノカメで実際に使っているのは”ペンタックス67”という、それはそれはデカくて重たい中判のカメラなのですが、あの写りの感じが好きな方にはペンタックスのカメラがおすすめです!

35mmのカメラなら小さいしね!

IMG_1779
マッチ箱サイズヨ!

ペンタックスはチョコンとします

slr_main

「ハイ、一眼レフカメラ デビューサポートセンターです。ペンタックスについてですか?
ただいま担当の者におつなぎしますので、少々お待ち下さいませ」

「はい、こんばんは、タドコロです」




日本で最初の一眼レフをつくったのがペンタックス。

世界初のクイックリターンミラーシステムの開発や、
早い段階でのペンタプリズムを搭載するなど、
現在の一眼レフカメラの礎を作り上げました。

そして、そういったカメラ達を手に届く価格帯で製造販売し、
一眼レフカメラを日本中に広めたことは、カメラ業界にとって大きな功績でした。


当時の最先端技術を搭載したカメラを低価格で提供していたPENTAXは当然、一時代を築き上げますが、
NIKON・OLYMPUS・CANONなど大手のメーカーが一眼レフカメラに力を入れ、次々と新製品を販売し始めると、
PENTAXの隆盛にも少しずつ陰りが見え始めました。





IMG_0279

そこで、PENTAXが巻き返しを図ったのが
「MX」や「ME」を始めとする「Mシリーズ」でした。


その特徴は「小さい!」


大きな声で言います『めっちゃ小さい!』



それまで世界最小・最軽量を売りにしていた「OLYMPUS OM-1」をしのぎ、
『世界最小最軽量の一眼レフカメラ』の歴史を塗り替えました。






小さいからと言って、作りがちゃっちいとかそういうことはありません。
特に機械式シャッターの「MX」は小さいボディに、必要かつ最低限の機能をきっちり組み込みました。
IMG_0280
細かな露出が分かる5点式LED露出計。
いちいち目を離さなくても、絞り値とシャッタースピードが分かるようになっているファインダーなど、
実用性の高い硬派な機能を搭載しています。
(画面右にシャッタースピード、LED露出計。画面上に絞り値が表記されています。)






IMG_0280
硬派な機能のカメラなんで、実は見た目も硬派なんですが、
それがそのまんま小さくなっているので、なんか可愛らしい。

日本人の好きな「ミニチュア感」が漂います。
ギャップ萌えです。






img_02
「Auto 110」のデジタル版「Pentax Q」を見ると
ペンタックスの小型カメラ好きはこのあたりから根ざしているのかな、とか思ったりします。





IMG_0281
そんなあたりを愛でながら使ってあげると、なんだか楽しい気分を与えてくれるカメラです。
あ、でも一番の推しは、単純に小さくて持ち運び便利ですよ。
というところなんですけどね。結局。



ペンタックスの一眼レフカメラはこちらから

一眼レフカメラ デビュー体験会 第一回

みなさまこんばんは、平林です。

本日は、初心者のための一眼レフワークショップ・「一眼レフカメラ デビュー体験会」を開催いたしましたー。

_MG_9015


”初心者のための”と銘打っているものの、講師をするわたくし平林も講師初心者という、ともすればカオスになりかねない状況の中、ワークショップは始まりました・・・。

_MG_9030



六時半に目が覚めてしまい、受付開始の10時よりも前にお店に到着してしまった方(笑)、わくわくしすぎて昨日の夜眠れず、寝不足での参加です、という方(笑)。
一人一人自己紹介をして頂き、少人数ならではのチーム感を感じていただきました。

_MG_9045_MG_9034













撮影会は、初めは皆さん割とバラバラで撮影をしていることが多かったのですが、時間が経つにつれ、公園の子供達に声を掛けて撮影したり、お互いを撮り合ったり、 盛り上がっている感じが伝わってきて、とっても楽しかったです!

DSC_0025IMG_0178IMG_0187

IMG_0180IMG_0181写真
IMG_0186

「一眼レフって楽しい!」という声が聞けたこと、それが何よりの喜びです。




講義は、うーん、、、反省点は数有る所ですので、来週のワークショップ第二弾に活かせたらなと思っております。


来週参加予定の方々、楽しいネタを用意して、お待ちしております。。


ニコンは真面目やなあ。

みなさまこんばんは、平林です。

オリンパス、ペンタックス、ときたら次はニコンでしょう。
言わずと知れた日本のカメラメーカー。
今や世界のNikonですね。
カメラ界では優等生のイメージです。


さてさて、そんなニコンの写りについてですが。

ニコンは、「よく写る」

014_014


ホント、硬派って言葉がよく似合います。

075_075


発色も、コントラストも、全てがバランス良く収まった写りをします。

049_049


輪郭もはっきりしすぎず、かといって滲みすぎず、絶妙な描写です。

005_005-2


変なクセが無くて扱いやすい反面、真面目すぎておもしろくないって思う人もいるかもしれません。

011_011


でも、クセが無いってことは、言い換えれば、いかようにも自分の好きなように写真をコントロールできるってことでもあります。

076_076


キレイに写真を撮りたいって人にも、写真で思いっきり遊びたいって人にも、どちらの要望にも応えてくれるニコンは、やっぱり優等生なのです!



IMG_0190


ちなみに私、平林の(35mmフィルム使用時の)相棒も、ニコンでありますっ!




:::::ニコンのカメラをオンラインショップで見る:::::



slr_main

ニコンは今日もまっすぐです。

「ハイ、一眼レフカメラ デビューサポートセンターです。ニコンの写りが気になったけれども、もう少しオススメポイントが聞きたい・・・。ハイ、わかりました、では担当の者にお繋ぎいたします。」

「はい、ニコン担当、あなたの平林です。」

slr_main



昨日に引き続き、今日もニコンについて。

slr_nikon01_img



ニコンといえば、とにかく頑丈なのが推しポイント。
実際に数多くの戦場カメラマンから愛用され、報道カメラマンからも愛用され、さらには冒険家からも愛用され、過酷な場所での撮影にはニコン、というのが定番となっているようです。

2e7a39ce4883150e2f16f4c09b87f776tzo_camera











左)戦場カメラマンの一ノ瀬泰造氏 右)銃弾が貫通したカメラ

ニコンのカメラを持ってみると、他のメーカーには無い、ずっしりとした重量感があります。
この適度な重さが、「一眼レフを持っている」ということを再確認させてくれる気がします。
また、他のメーカーのカメラに比べてボディが大きいので、男性や、ちょっと手が大きめの方なんかには、ぴったりとはまって持ちやすいです。


カメラ好きには”シャッター音萌え”なんていう趣味嗜好もあったりして、中でもニコンのシャッターは、かなり、はっきり、しっかり、パシャン!!という音がするのでファンも多いです(笑)。



機種によって表示形態が若干変わりますが、露出計内蔵のものは絞りとシャッタースピードがファインダー内で確認できるようになっています。


例)FMシリーズのファインダー

上部に絞り、左にシャッタースピード
IMG_0192

右には露出の適正(○)・オーバー(+)・アンダー(-)を知らせる表示があります。
IMG_0193



写りも真面目、作りも真面目、そんな真面目なニコンを手にしたら、浮気なんてできなくなるはずです!




:::::ニコンのカメラはこちらから:::::

コンタックスに魅せられて

slr_main


「ハイ、一眼レフカメラ デビューサポートセンターです。そろそろコンタックスのことについてやってほしいと・・・。ハイ、わかりました、では担当の者にお繋ぎいたします。」

「はい、コンタックス大好き、タドコロです。」






コンタックスは「カール・ツァイス」のレンズを使用する一眼レフです。
「カールツァイス」のレンズは、とにかくシャープでものすごく繊細な描写をします。

6414001464140011

img05564140017

輪郭が滲むことなく被写体がスッときれいに見えるので、背景をボカした時の立体感がずば抜けています。

また「T*」という高度なコーティング技術で光のロスを防ぐので、
色の再現力とコントラストのきれいさに定評があります。

柔らかいけど、しっかり描写。
はっきりだけど、繊細な描写。

一見、相反する特性を一枚の写真に表現できる「カール・ツァイス」は
そこらのレンズとは『格』が違います。

7965001679650032

796500297965002079650013

こういう、存在感と立体感に富んだ写真を楽しめるのは、フィルムカメラを冥利に尽きます。





あのハッセルブラッドも採用している「カールツァイス」
その世界最高峰のレンズの魅力をお手軽に体験できるのが、このコンタックスの一眼レフシリーズなのです。

===コンタックスのカメラをオンラインショップで見る===

IMG_0283

コンタックスに魅せられて→カールツァイスに魅せられて

slr_main


「ハイ、一眼レフカメラ デビューサポートセンターです。コンタクッスのボディは何を選んだらいいかかと・・・。ハイ、わかりました、では担当の者にお繋ぎいたします。」

「はい、コンタックス大好き、タドコロです。」





この特集で紹介しているのは、一度途切れたコンタックスの灯を、
1975年からヤシカとの共同事業により再開した新しい「CONTAX」(大文字表記)です。

新生CONTAXの最初のカメラ「RTS」は本格的な電子式一眼レフカメラの誕生として、
当時かなりセンセーショナルなニュースだったようです。

img_40852_422329_0



・プロカメラマンが絶賛する名門レンズメーカー「カール・ツァイス」
2年前の1973年にカメラ製造事業が撤退してしまい、
ツァイスレンズの良さを最大限活かせるカメラメーカーを探していました。


・エレクトロニックカメラの実績と経験が豊富な「ヤシカ」
一眼レフ分野では大きな遅れをとっていたヤシカですが、
エレクトロニックカメラ分野では大きな実績をもっていました。
富岡光学を子会社に持つヤシカは名門ツァイスの技術を手に入れるチャンスでもありました。


・人間工学に基づいたデザイン作りの「ポルシェデザイン」
ドイツのバウハウス的な哲学を持つポルシェデザインは「機能がデザインを決める」
見た目は後からで、使う人間の立場を重視した設計思想によるデザインを作ります。



これら3社の思想は最終的に
「カール・ツァイス」のレンズの良さを最大限に活かすには?
でつながっています。

「撮影者の意図に素早く応え、撮影者の意図を的確に表現するためのカメラ」

コンセプトがすごく明確で、強い意志が感じられます。
それが「CONTAX」一眼レフカメラです。




なんだかロマンを感じますねぇ。
と言いつつも、35mmなら小さいカメラの方が好きなワタクシはやはり、
「CONTAX」の中でも小さいカメラをついつい求めてしまいます。


そこでオススメしてるのが「aria
1_040000000011
・小型軽量で持ち運びが便利。
・巻き上げと巻き取りがオートでラクチン。撮影に集中できます。
・多彩なオート機能を持ちつつ、マニュアル撮影も可能。使用者のレベルや状況に応じて使い分けられます。
・シャッタースピードが1/4000まであるので、晴天時でも絞り開放の柔らか写真が撮り放題!



機械式が好きな人は「S2」を。
2_040000000007
・これまた小型軽量。
・これまたシャッタースピードが1/4000まであります。
・シンプルな操作性が快適。内蔵露出計を搭載しているのみで、余計な機能が付いていません。





CONTAXのカメラを手に入れると、その先には魅惑のツァイスレンズたちがあなたを待ち構えていますよ。
その甘美な世界へ飛び込んでみてはいかがでしょうか。


===コンタックスのカメラをオンラインショップで見る===

IMG_0283

一眼レフカメラ デビュー体験会 第二回目

みなさまこんばんは、平林です。

本日は「一眼レフカメラ デビュー体験会」第2回目の開催となりました。




IMG_0199
おっ、今日の受付には一眼レフサポートセンターの受付嬢が。




_MG_9246_MG_9247







天気予報は雨・・・。空を見上げれば雨雲がもくもく・・・。
それに加えての暴風!



今日ご参加いただいた方の中には、電車が止まってしまい、間に合うかどうかハラハラしました、という方も。。
こんな悪天候の中お集まりいただいて、ほんとーにありがとうございました!!

_MG_9249


今日はそういった、ちょっと特異な状況の中集まった者同士だったので、連帯感が生まれるのもなんだかいつもより早かったような気がします。



私はといえば、先週の反省点を活かして、なるべくわかりやすく説明するように心がけました。

_MG_9260

全体の進行はまだまだ修行が足りない所でしたが、そこはタドコロ店長がうまいことちょちょいっと(笑)。




今日は天気の関係で前回とは違う場所で撮影をしたのですが、そこに向かうまでの間ですでに傘が3つ壊れました(笑)。

雨に濡れ、風に飛ばされ、それでも笑顔で撮影を楽しんでくださった皆さま・・・。

_MG_9333_MG_9326_MG_9339

_MG_9365_MG_9360_MG_9345

IMG_0209IMG_0211IMG_0200




















風が強いからシャッタースピードをこうしてみよう、とか、絞りを変えて同じものを撮ってみよう、とか、前半の講義をすぐに活かして撮影をされている方が多く、でき上がった写真を見ては「おお〜っ!」となりましたね。

DSC_0042
ベストショットを並べる。

ワークショップを主催する店の立場からすれば、お客様の安全を考えて今回は中止、とするべきだったのかもしれませんが、「こんな天気の中、やってみたらどうなるんだろう?」という好奇心が勝ってしまい(笑)、強行するに至ったわけですが・・・。

幸いにも今日の参加者の皆さんはこういった状況を楽しんでくださる方達で、私達も楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました!


前回もそうでしたが、その人それぞれの表現の仕方や視点の違いというのがやはり明確にでるもので、同じ所で同じものを撮っているはずなのに人によって全く違う写真が出てきて、非常に刺激になりましたし、勉強になりました。



フィルムカメラ初心者の方が、「一眼レフって楽しい!」と思ってくださったら、そして既に一眼レフをお持ちの方が、「なんとなく」から「しっかり意思を持って」写真を撮ることができるようになれたとしたら、今回の「一眼レフカメラ デビュー体験会」は成功だったかな、と思っています。

皆さま、どうでしたか?



記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ