blogimg1

皆さん、こんにちは。

今回は掲示板の方でもお問い合わせのあった「リコー オートハーフ」の操作方法の
お話をしたいと思います。

「リコー オートハーフ」の特徴はゼンマイ式のオート巻き上げ機能ですので
電池いらずでフィルムの入れ方、出し方を覚えれば誰でも簡単に使える気軽なお散歩カメラです。


●フィルムの入れ方


blog2-1

まずカメラのサイドにあるフィルムドアを開けるスイッチがあります。
そのスイッチを矢印の方向にスライドして頂きフィルムドアを開けます。


blog2-2

フィルムドアが開いたらカメラ底面にあるフィルム巻き戻しレバーを矢印の方向に引っぱり
出しフィルムをセットします。
今回は感度400の24枚取りのフィルムを使用したいと思いますのでハーフ写真だと倍の48枚撮影が
可能です。

blog2-3
blog2-4

フィルムをセットしたらさっきの巻き戻しレバーを元に戻しフィルムケースから出ている
フィルムの先を反対側にある円柱に差し込みます。(この時円柱の周りに付いた金属部分の隙間に差し込みますが隙間が見えていなければ巻き戻しレバーと逆に付いている「WIND」と書いてあるダイヤルを回してフィルムが差し込める様にして下さい。)

フィルムが差し込めたらそのまま赤丸の部分にある爪が引っかかっている事を確認しつつ
巻き戻しレバーとは逆にある「WIND」と書いてあるダイヤルを1〜2回転してフィルムがちゃんと巻き付くのを確認して下さい。

blog2-5

巻き上げが確認出来たらフィルムドアをしっかり閉めてフィルムセット完了です。


●ゼンマイを巻く

冒頭で少しお話しさせて頂きました様にこのカメラは撮影時のフィルム巻き上げを
ゼンマイの力を使って自動で巻き上げてくれます。
その為ゼンマイをちゃんと巻いてあげないとシャッターボタンが切れない構造となっています。

blog1-1

赤丸の印があるダイヤルがゼンマイの巻き上げダイヤルとなります。

blog2-6

ダイヤルに「WIND→」のマークが見れると思います。
これを矢印通りにダイヤルを回してゼンマイが固く巻けなくなる所まで巻きます。

これでゼンマイは巻き上がった状態になります。

●感度/絞りを合わせよう

blog1-2

カメラ上部の赤丸部分に絞り/ASAダイヤルがあります。

blog2-7

まずASA(フィルム感度)のセットをします。
写真では感度が100に設定されていますので今回使用するのフィルムは
感度400なので400の数字を真ん中の黒いダイヤルだけ動かして黒線に合わせます。
(オートハーフの種類によって200までの表記の物もありますが一番近いフィルム感度に合わせましょう)

blog2-8

次は絞りを合わせます。
今回はオートで撮りたいので外側のシルバーの部分だけ回して「A」を赤線に合わせます。
(マニュアル撮影時の場合は絞りの数字を設定します。)

これで撮影準備完了です。


●いざ!撮影!

blog1-3

矢印がある所にセレンといって光を取り込みカメラ自体が光の量が足りているのか足りていないのか判断する大事な部分があります。
撮影時この部分に指がかからない様に注意しましょう。

blog2-9

ファインダーを覗くと撮影OKサインが(写真左)黄色、NGサインが(写真右)赤色の
サインで撮影適正状況かをカメラが教えてくれます。
※マニュアルの場合でも赤、黄色サインは出ますが関係ありません。

blog2-10

「リコー オートハーフ」は屋外で天気のいい時には1m〜無限遠の距離で撮影が可能です。
左の写真では近すぎてピンが合いません。
シャッターが切れると自動的にフィルムがゼンマイで送られる音がします。
このカメラはフィルムの送りを自動的にしてくれるため連写が可能です。

blog2-11

セルフタイマーの場合、赤丸の部分のつまみを矢印の方向に回し
シャッターボタンを押すとタイマーでシャッターが切れます。

※このカメラの発売当時のフィルムは24枚が主流なのでハーフのこのカメラでも
48枚撮影が可能でしたが現在は36枚取りがありますのでその場合、72枚撮影が出来る事になります。
最初の巻き上げたゼンマイ分では72回のフィルム送りは不可能ですのでフィルムが送るスピードが
遅くなったら途中でゼンマイを再度巻きましょう。

●フィルムを取り出す


撮影が終わりフィルムを取り出します。
ですがこのカメラはゼンマイ式カメラです。最初にゼンマイを巻きましたが
その残ったゼンマイをほどかなくてはいけません。

blog2-12

ゼンマイのダイヤルの外側だけ回し赤い印と赤い矢印を合わせます。

blog1-4

赤い印が合ったら真ん中のボタンを押すとゼンマイがほどける音がしますので
音が鳴り止むまで待ちましょう。

blog1-5

音が鳴り止むと巻き戻しレバーを矢印の方向に回しフィルムを巻き戻します。
巻き上げる際に若干の抵抗を感じますのでその抵抗が無くなるとカメラの中で
フィルムの巻き上がったのを感覚で確認する事ができます。

blog2-13

フィルムが巻き上がったらフィルムドアを開け巻き上げのつまみを引っ張ります。

blog1-6

フィルムをカメラから取り出したら巻き戻しのつまみを戻しフタを閉めて終了です。