SX-70 FOREVER BLOG

・ハッセルブラッドについて

ハッセルブラッド フレックスボディ 入荷しました。

こんばんは、タドコロです。


珍しいハッセルが入荷したので
残ってるうちに記事にしておこうと思います。


HASSELBLAD Flex Body
1_000000003161
ボディがジャバラで構成されている特殊なモデルです。



ジャバラを伸ばして接写撮影をしたり、
建築写真の歪みを修整できたりと、
プロが機材として使うのに便利な機能を備えています。




個人的にはその中で
被写界深度を操作するという技が楽しいです。





例えば下の写真のように被写体が縦または斜めに並んでるとしましょう。
(150mm F4レンズを使用)




通常、開放で撮ろうとすると、どこにピントを合わせるか決めなければなりません。
真ん中の犬にピントを合わせました。
img243





全部にピントを合わせようとすると絞り込むしかありません。
F22まで絞りました。3匹ともほぼ全てにピントが合っています。
img244





こちらはアオリを使った写真です。

上の2枚と比べてください。

3匹の犬の顔にピントが合っていますが、3匹とも足下はボケています。
詳しい説明は省きますがピント面を斜めに傾けることで、
このように通常の撮影方法では表現できない写真を撮ることができます。
img242





そのアオリ機能を使った代表的遊びがこちら。




いわゆる箱庭写真です。
img245
これはさすがにちょっとやり過ぎましたね。
傾ける角度で効果は自在に操れます。






ピント合わせは付属のピントグラスを使用します。
今回入荷した商品には、正像で拡大できるレフレックスビューファインダーがセットで付いています。
3_000000003161
一度でも使ったことのある人には分かると思いますが、
このビューファインダーがあるのと無いのとではピント合わせの簡単さに天地の差が生まれます。
しかし探すとなかなか出て来ない...

これがセットになっていればピント合わせのストレスもグッと軽減されるはずです。






いつものレンズ(一部制限はありますが)と、いつものマガジンを使って撮影できます。
ポラバックも使えます。

これを買ったから他に何か用意しなければいけないということはありません。
新しいボディをもう1台買うという感覚です。

PB070088

三脚必須のアイテムですが(間違っても手持ちで撮ろうなんて夢は見ないでください)
じっくり画作りをする方には、持っていると表現の幅が広がってよろしいのではないでしょうか。




商品ページへはこちらからどうぞ。


ハッセル デジタルバッグ入手!

こんばんは、タドコロです。

今日は皆様にご報告があります。




ハッセル

  の

デジタルバック

  を

手に入れちゃった♡


P6250354

ハッセルブラッドのフィルムマガジンの代わりに付ける、デジタルマガジンです。
これを付けると、なんとハッセルがデジタルカメラに早変わり!






これでサンプル写真撮りまくたっり。

お客さんに実際に試し撮りしてもらったり。

気になるレンズの撮り比べをしてもらったり。

SWCの描写を体験してもらったり。

     ・
 
     ・

     ・

うーん、色々できるなー。
夢ふくらむなー。



ハッセルを購入していただく皆様に、
より良い環境を提供したい気持ちで入手しました。


それなので『こんな使い方も良いんじゃない?』
っていうご意見があればお待ちしております。



長谷さん(←ハッセルユーザーの総称)のみんな、
ハッセルに興味のあるみなさま、遊びにきてね。




まだこのデジバッグに馴染んでないのでイマイチ特徴が掴めてませんが、サンプル写真。
(全てプラナー6枚玉で撮影。leaf Aptus 54S使用)
mos


mos


mos


mos
とりあえずピントがシビアなことは分かったので、精進します。




2aadc78d-s


ハッセルをお探しの方へ。ハッセルのメッカはここに有り。

こんばんは、タドコロです。






なんだか最近、ハッセルのアクセサリーで
マニアックで面白いものがちょこちょこ入ってきてるので、今日はハッセル宣伝です。

うちのお店に来たことのない人、これを見てちょっとビックリしていただけたら嬉しいです。
どうか頑張って最後まで見てください。






画像多めです。
スマホの人ごめんなさいね、重たかったでしょ。






P5290132P5290135
左)ストラップ金具 プレーンとV字のやつ。   
右)レアアイテム!ピント合わせがしやすいったらありゃしないオプトファイバー。






P5290145P5290147P5290152
左)これ全部、メタルフード。
中)すんげー作りの良い、ちりめんフード。
右)んでもって、それをカバーするやつ。






P5290165
笑)2つ付けてるのはお遊びです。アイレベルで撮れるスポーツファインダー。
上の大きいのはスクリーンを使ってピント合わせが出来るやつ。右の小さいのは目測でやるやつ。






P5290155P5290143P5290142
左)ポラバック。きれい。
中)プロシェード。これもきれいよ。
右)グリップ。やっぱりまぁ、きれいやね。






ここから先はざっくりいきますよ。






P5290140P5290144
左)グリップ類とプロシェード。こういう渋さを分かってくれる人、うちに来ないかな。
右)入れ物関係。探してみるとこれが意外に無いんですよね。






P5290156P5290171
左)ポラバック。ベ、別に余ってるわけじゃないんだからっ!ポラが好きだから集めてるんだからっ!
右)プリズムファインダー系。そうじゃないのも混ざってますが。






P5290163P5290146
左)露出計関係と、クイックカップシュー。ちなみに左上のカップシュー、初期の珍しいやつですよ。
右)フード。あーこりゃぁ、いっぱいだね。






P5290154P5290161
左)ストラップ。V字からコンツァードまで。
右)フィルター系とエクステンションチューブ。プロクサーセットから珍しいフィルターまで結構色々揃ってますよ。






P5290164P5290157
左)スクリーン。色々揃えるようにしてますが、すぐに無くなっていきます。追いつかん。
右)マガジンとボディとその周辺アクセ。スライドキーパー探してた人、3つ入荷しました。






P5290172
レンズ。
左から、40mm / 50mm / 60mm / 80mm / 100mm / 120mm / 150mm / 250mm。






P5290175
ここがメインのコーナー。
まだ並びきってないものもありますので、ご要望があれば声を掛けてみてください。






うちの店はハッセル好き、または興味ある人にとってはパラダイスのはずです。

そろそろ「ハッセルのメッカは川崎に有り!」ってことにしてもいいですかね?






2aadc78d-s




白鏡胴T*と同性能のレンズ。見た目と中身重視。肩書きはなし。

こんばんは、タドコロです。


先日もすぐに注文が入ってしまったのですが、
相変わらずプラナー80mm白鏡胴 T* は絶大なる人気を誇っています。
T* が分からない人はまずこちらをサラリと流し読みして下さい

P5240026

色のり豊かな描写の T* コーティングと、
見た目にかっこいい白鏡胴のフォルム。

文句の無い組み合わせです。

しかしレアなレンズであるため、めったに出てきません。
そして高価になりがちです。









ところが、世の中は面白いものが有るものです。

上記の白鏡胴 T* と同じ性質を持つのに、
T* の刻印がないものあるのです。

「いやいや『 T* 』が入ってなきゃ、ダメじゃないか」
とお叱りを受けそうですが、さにあらず。

100本以上の白鏡胴と、それ以上の数の黒鏡胴がワタクシの手元を通過していきましたが、
次第にコーティングの色に興味を持つようになりました。

以下、個人的見解です。










7枚玉の白鏡胴は基本的にはアンバーのコートなのですが、
最後期では緑色が混じったコーティングになっているようです。

P5280120

この緑色の混じったコーティングは「白鏡胴 T* 」にも、
いわゆる「普通の黒鏡胴Cレンズ(当然 T*)」の初期年式にも同じコートがかかっているのものが有ります。

つまりこれ
T* が付いていないだけで
白鏡胴 T* と同じ特性のレンズを持ってることになります。


白鏡胴 T* と同じ特徴を持っていながらプレミアは付かないわけです。
何故かと言うと分かりづらいから。(というかそんな話する人いないかな?)

鏡胴・レンズ・銘板、別々に作ったものをまとめあげる訳ですから、
多少の番号の前後やズレは生じます。
これは時計でもなんでも、物作りにおける過渡期によくある話です。

それが後々にこういったロマンを生み出すことになるわけです。








そんな、時代が生み出したタドコロおすすめのレンズが付いたセットがこちら。


HASSELBLAD 500C/M + C80 + A12
P5280127

はい、レンズも珍しいんですがきれいです(←この流れでまさかのここ推し)

ヘリコイドのトルク、巻き心地、シャッターフィーリングも最高です。使用感少ないですね。
個人的に欲しい位な感じです。

見た目良し、写り良し、コンディション良し。
と良いとこ取りのカメラです。


このセットが180,000円(税込)



まだオンラインショップには載っていないので、お問い合わせは店舗までお願いします。

2aadc78d-s


晴天開放戦線

こんばんは、タドコロです。



涼しい風が心地よく、陽射しはあたたか。
本日はいい日和でございました。



こんな柔らかな日には、開放で柔らかな写真を撮りたい。
そう思ってしまうのが、ワタクシの浅はかなところ。



ワタクシが本日使いたいカメラはハッセル。
理由は好きだから。以上。


IMG_0009



しかし最速シャッタースピードが500の、500シリーズでは晴天下での開放は無理な話。
ここで持ち出すのが、シャッタースピードが2000まで設定できるフォーカルプレーン機2000FCです。



これにCF80を付けて、シャッターをFポジション、絞りを2.8に設定。
あとはボディ側のシャッタースピードで露出を調整します。



そして撮れたのが、逆光の山本くん。
45920010
ムダに絵になる男です。


ルーペを使ってピント合わせしてる時に気づいたのですが、
目がフットボールアワーの後藤さんに似てると思いませんか?
45920011
いや、どうでもいいんですけどね。



フィルム感度 ISO400(PRO400)
シャター速度 1/2000
絞り     F2.8
レンズ    CFプラナー80mm
カメラ    2000FC/M

ビオゴン様のお力。

こんばんは、タドコロです。

残ってるうちに宣伝しておこうと思います。

『なにを?』って


これです。
IMG_0016
なんとビオゴン様が3台もおられる・・・!!!

しかも「SWC」・「SWC/M」・「903SWC」の3種類揃い。

これを見て、おお!と思ってくれた人には、もうくどくどとした説明は要らないですね。




ビオゴン様の描写力と言ったらば、もう、それはそれは・・・・・・




ワタクシ、これを買って本当に良かったと思います。




ここでちょっと私的な写真をば。
09320006
イタリアの教会。
「なんかSWCって感じ」のする写真を狙いました。



8169856219_d0d1faf40b_b
教会の地下。
手持ちで1/8でいけるのか?的な勝負でした。



09330002
ベニスの街角。
川淵ギリギリで撮ってたら、陽気な南米系のオネイちゃんに冗談で背中押されて、落っこちそうになってみんなで大笑い。



8169886340_1fd0c542db_b
ちなみにこれがそのオネイちゃん達。
と一緒になって笑っているワタクシの奥さま。



img041
大阪の焼肉屋。万正。
大阪イベントの時は大抵ここへ寄ります。左から伸びている腕は山本くん。
ちょっとピントがあれですけど、七輪手前のテーブルの汚れ具合がリアルですね。
個人的にはこういうスナップ撮りをすることが多いです。




あ、あと。
こんなん有ります。



でーーーん!!
IMG_0019
こんなに奇麗に写るんだったら、とことん伸ばしたろ。
って思って全倍紙にしてみました。



でかい!
でも、きれい!








えーーと・・・・・・



本当は3機種の違いなぞを述べようかと思っていたのですが、
何か今日はもう良いや。

写り一緒だし(笑)

写真見て楽しければ。 (←良いのか?本当に良いのか?オレ)








その辺のこと細かく知りたい人はお店にくるか、電話してください。
それか気が向いたらまた書きます。

あと、全倍の引き伸ばし写真見たい人はその旨、来店時にお伝えください。

2aadc78d-s



あー久しぶりに適当な感じで書いちゃったな。
怒られるかな?これ。

まぁ、いいか。

110mm F2が入荷!

こんばんは、タドコロです。

昨日サイト上にお目見えしました
『HASSELBLAD Fレンズ Planar 110mm F2』1_005010000004

Fレンズなのでフォーカルプレーン機専用ですが、
ハッセルレンズの中でも究極の一品とも言える銘レンズでございます。



6x6フォーマットでF2のレンズの場合、
35mm換算にすると、およそF1.1

F値が1.1かー。ぼ、ぼけ味が・・・(じゅるる)

と想像すると、使ってみたい衝動に駆られませんか?
DH000006DH000002img044

・・・大きくしてみるとピント外してますね(笑)
しかし、このレンズはその被写界深度の浅さが醍醐味。





この写真を拡大して見てください。

51960008

右側の樹にピントを合わせようと思って、撮りました。



被写体まで7〜8mはあったので、油断してルーペを使わず
だいたいこんなもんだろうとシャッターを押しましたけども。



出来上がりを見て、んまーーービックリ!



手前の垣根にピントが来てるがな!!
あの距離でピン外すのか〜。
しかも数十センチ後ろの樹がしっかりボケてるとは・・・

やるなー。F2め。これでピントがはまったらどんな写りをするんだー!

これがワタクシが初めてこのレンズを使った時に思ったことです。




もちろん定石通り、絞ればとてもシャープできれいな画が撮れます。
img186
img0302
いわゆるレンズの美味しいところだけを使うわけですね。
シャープネス、階調、色再現、どれをとっても素晴らしい描写力です。




ちなみにマミヤ645の80mm F1.9がありますが、これは35mm換算するとおよそF1.2です。
こう考えると『110mm F2』は中判界最強のボケ味を味わえるレンズと言えるでしょう。



さぁ、どなたかこの禁断の果実を味わってみませんか。



110mm F2レンズのページへはこちらからどうぞ。

フォーカルプレーン機のページへはこちらからどうぞ。

ハッセルブラッド 大人なカメラ

こんばんは、タドコロです。

19)
3/4〜3/17 開催の『彼女のカメラ展』


そこで使われてるカメラの魅力をご紹介します。




本日は2月の彼女が持っていた
ハッセルブラッド
c7eaf695-s





ハッセルって何が良いんでしょう?





・撮れる写真がきれいだし?

・ファインダーがきれいだし?

・ウエストレベルだったり、ましかくフォーマットだったり、普通のカメラじゃ味わえない面白さがあるし?

・シャッターの音とかカメラの作りとか、触ってて楽しい高級感あふれるカメラだし?




・見た目がかっこいいし。




そう!佇まいが大人っぽくてかっこいい。



カメラを選ぶポイントは色々あるけど、どんなに写りが良くたって、かっこ悪いカメラだったら持ち歩きたくない。
人に見られる持ち物である以上、カッコよさは大事な要素です。




この動画がかっこいいかどうかは別として。
(これがギャグである事が伝わりますように・・・)



「これで撮ってみたいな」
それだけでも手にする動機としては充分です。




ハッセルブラッドの商品ページはこちらからどうぞ。






最近のごく個人的な話ですが、
ビアンキのミニベロ、チェレステクラシコが欲しくてたまりません。

d0151464_1642738


理由は
「かっこいいからこれに乗りたい」

ただ、それだけです。






クリスタルカメラ500C/M

こんばんは、タドコロです。
今日はちょっと変わった、こんな商品を紹介したいと思います。


HASSELBLAD 500C/M Crystal Camera
P1150206
ちゃんと見えてますか?
このクリスタルガラスでつくられた500C/Mは
心のきれいな人にしか見えないと言われています。

ピント合わせ(スクリーン)は真下を素通し。
マガジンにフィルム入れたらその時点で感光。
シャッタースピードを変えようとすると先端もげそうです(笑)


*これは置物です。
フィルムを入れたり、シャッター切ったり、ピント合わせしたり・・・
そういったギミックは一切ありませんので、ご承知おきください。
ただの冗談です。





フォーカシングフードの部分が空洞となっているので花瓶にしたり、
モノ入れにしたりしてみるのも一興?
P1150209P1150208




あ、あと占い師の方、これを使ってハッセル占いとかやってみませんか?
「ガシャパタ!こんなん見えました」とか言って。
P1150218






ちょっと真面目に書くと、このクリスタルカメラは
Lindshammar(リンズハンマル)というスウェーデンのガラスメーカーの製作によるものだそうです。
なんでも100年以上続く老舗だとか。

P1150211

あら、まぁ。しかもハンドメイドですって!
そんなこと聞いちゃったら、棚に飾ってあげたくなりますね。

P1150213
って、それが一番正しい楽しみ方。




今回箱付きでの入荷です。28000円。
こういうのでは珍しく、ちゃんと箱まできれいです。

P1150214



クリスタル500C/Mが気になる!という方は、コチラへ!

テッサーで望遠

みなさまこんばんは、平林です。

今日はハッセルブラッドの交換レンズでなかなか珍しいものが入ったのでご紹介します。


テッサー 160mm F4.8 CBレンズ
1_005002000047




望遠でテッサー?
テッサーて標準レンズのイメージだけど?
ふーむ・・・どんなものか撮ってみようじゃないか。

25890001


25890004


25890009




シャープですねぇ。
三枚目のmiyaさんの写真なんて、真逆光で撮ったのに変なフレアーも入らずきれいですね。




気になった方はぜひこの機会にお手元へ!

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ