SX-70 FOREVER BLOG

〓〓【ポラロイドの使い方】〓〓

ポラロイドで多重露光(かんたんver.)

こんばんは、タドコロです。
今日は昨日予告した通り、多重露光について。




ポラロイドでの多重露光についての基礎知識は
以前の特集『ポラロイドで遊ぼう』
多重露光の回で説明しました。

↑まずはそちらをご覧下さい。




しかしワタクシ、あの後、
もっと簡単なやり方を思いついてしまいました。

いつ言おうかなーいつ言おうかなーと、
ずーっと思っていましたが、今でしょ!






で、その簡単なやり方とは、

爪楊枝を差すだけ。

どういうことかは、こちらをご覧下さい。



と、このように簡単な方法で多重露光が楽しめてしまうわけです。






しかし、簡単なこの方法にも一つだけ欠点があります。

それは画面下に約1cmほどスダレ状に感光してしまうことです。

BlogPaint

しかし、この手軽さは魅力的ですし、
多重露出の幻想的な雰囲気に紛れてしまえば
そんなに気にならないんじゃないかと思います。





ワタクシ自身は日頃多重をやらないのでベタな作例しか撮れませんが、
みなさんがこのやり方ですてきな多重露光を撮ることができたら、ぜひ見せてくださいね。


img024




ポラロイドのレンズ

こんばんは、タドコロです。



突然ですが、
SX-70の写りって素晴らしいですよね。

幻想的で優しいあの写りは唯一無二です。
まさにポラマジックという言葉がぴったりです。

で、もちろんポラの幻想的なところも素晴らしいのですが、
僕が今日お話ししたいのは「SX-70のレンズそのもの」についてなんです。





ポラの写真ってボケ味が滑らかで優しくて、すごくきれいだなー
と思ったことありませんか?

この話をしてもあまり賛同を得られないのですが、
『SX-70の写真はボケ味がきれい』

これは僕の中で絶対的に譲れないポイントです。
img106

ところがフィルムの特徴が目立ち過ぎて、そこばかりがフォーカスされがちです。

でもあの柔らかい描写を生み出すには、当然レンズの要素も重要なはずです。

ポラ写真を良く見ると、ボケ方がなんとも滑らかで優しいきれいなボケをしてるんです。
「これは単純にレンズが素晴らしいのではないか」と、常々思っていたわけです。




とそんな折、先日あるお客さんとそんな話になって、
お互いに「そう!そうなんですよ!」と、わっしょいわっしょい盛り上がっていました。

そしたら、なんとその方が
最新機種のフルサイズで撮れるデジカメ「Canon EOS 6D」にSX-70のレンズを付けて、
『ポラロイドのレンズの描写って、どんなもんじゃい』という実験をしてくれました。




結果はこちら。
(写真をクリックすると少しだけ拡大します)
写真写真[10]

写真[3]
写真[9]
写真[4]写真[11]

すっっっげ!!
ポラレンズ、すっっっげ!!





あれだけポラレンズを絶賛していた僕たちですら、度肝を抜くほどの圧巻の描写力。

シャープな解像と豊かな階調。しっかりとしたきれいな色再現。
そして、きれいなボケ味。
上の2枚を見ると、被写界深度の浅さがよく分かります。

もう、大判のレンズですか?ってくらいの写りです。
侮り難し、ポラレンズ。






・・・しかし、このレンズを使って、どこをどうしたらこういう描写になるんだろう。

SX-70は「アラジン」という愛称が付いていますが、あのカメラはまさに魔法の箱なんですかね。
そのベールは僕の中でまだ、謎に包まれたままでございます・・・

img071

しかし、それもまたポラマジックなり。
だからポラって面白い。




終わり。

中判実感レポート

みなさまこんばんは、平林です。

最近よく、こんなことを聞かれます。



「ポラロイドって中判ですよね。」

とか、

「ポラロイドって6×6ですよね。」

とか。



ふむふむなるほど。
考えたこともなかったから考えてみよう。





BlogPaint


実際に計ってみました。




まあ、ほぼ6×6ってことでいいですかね。
立派な中判カメラです。



確かに、ポラロイドのボケ味ってすごくきれいなんですよね。
今思うと、それはポラロイドが中判カメラだったから、ってことなんでしょうね〜。
中判カメラの意外な伏兵、発見したナリ。


またポラロイドで遊んでみてよ

みなさまこんばんは、平林です。

今月の日めくりカレンダー「FOREVER PEOPLE CALENDAR」を彩ってくださっている、naomimicさん。
先日お店に遊びに来てくださった際に、4月の特集「ポラロイドで遊ぼう」で紹介した、
エマルジョントランスファーをやってみた、とのことで、写真を持ってきてくれました。


img008img014
色があまり出なかったフィルム、「PUSH」もいい雰囲気。



img013img011
台紙に貼付ける時にエマルジョンが伸びるので、ポラ写真の時は小さかった人物も大きくなり、より印象的になりました。




img009
naomiさん曰く、「色が微妙になってきたからやってみた。こっちの方がいい感じ。」



img010
シェードを付け忘れて赤くなってしまった写真も、これだと格好良く見えます。






うん、やっぱりエマルジョントランスファーっておもしろい。
おっ、と興味を持たれた方、詳しいやり方はこちらからドウゾ。





多重露光を撮りまくれ!! スペクトラPro 入荷

こんばんは、タドコロです。
今日は商品紹介です。

2_001007000027
本日サイト掲載された「Spectra Pro
何気に珍しい商品です。


スペクトラシリーズの中でも最高級のカメラで、
長時間露出モードや、逆光補正、マニュアルでの距離合わせなど
多彩な撮影モードを搭載しております。

中でも一番のポイントは、多重露光が簡単に出来てしまうこと。
難しく頭を悩ますことなく、何となくでもけっこう上手くできちゃいます。


img074
僕も今回初めて使いましたが、
ポラロイドでこんな簡単に多重露光ができたのは、
初めてです!

ちょっと自分でも欲しくなっちゃいました。


専用バッグと接写レンズ付きです。
Spectra Proの商品ページを見る。

〜ポラ遊び〜 ポラロイドの奇跡。星ボケ写真

『ポラロイドで遊ぼう』


最後の遊びを飾るのはこれです!

img327



星ボケ写真〜〜〜!!!



時に意図せず出て来るこの
☆星型のキラキラ☆
これを星ボケと呼びますが、いろいろな条件が重なった時に見られる現象です。




まず、カメラは
SX-70かSLR680・690を使用することが第一条件。



これらのカメラは強い逆光など、ある一定の条件下で撮影すると下の写真のように
シャッター幕(正確には絞り羽根)の形が十文字形の星形になります。

hoshi







次に「点光源」と呼ばれる小さな粒状の光があること。
IMG_0569

水面・木漏れ日・街灯などキラキラした、細かくて小さな光を探します。







星ボケ写真を撮るためには、「点光源」はわざとピントを外して撮ります。
IMG_0570

すると光が滲んだようになるのですが、この時にシャッター幕が星形になると、
この滲みが星ボケ写真になります。

img004

こんな感じで出来ました。





〜まとめ〜


・強い逆光であること。
・点光源のピントを外すこと
・あとは、運




この3つが揃うと、発生することがあります。
狙って撮るのは難しいですが、星ボケが出そうな条件が揃ったら挑戦してみましょう。

成功したら、それはきっとポラロイドの精からの贈り物かもしれません。





2012年1月12日のカレンダーに参加してくれた 
佐藤晶さんにもポラロイドの精が舞い降りていました。
img126
手前側、ザクロの果実が反射してたくさんの星が発生しています。






*どうしても星ボケを自分で作り出したいという人は、
IMG_0572
受光窓にライトで光を当てながら撮ってみると、成功することもありますよ。
ライトの強さや明暗コントロールは色々と試してみて下さい。


〜ポラ遊び〜 あやしげ写真。カラーフラッシュ

フラッシュを使った写真って、何だか不思議な魅力があると思いませんか?

非日常的で、刹那的で、ちょっと妖しくて・・・。

もともとは、暗い所での撮影を可能にする為に生まれたフラッシュ。

本来なら見えないはずのものを、どうにかして見ようとしたそのスケベ根性。

見てはいけないものを見てしまったような、そんな雰囲気がフラッシュ写真にはあります。




そんなフラッシュに、色を付けたらもっと妖しくなります。

img041img042img043














ナイトクラブであの娘としっぽり。





てな感じ。










やり方は、とってもかんたん。
フラッシュにカラーセロハンを付けるだけ!

IMG_0556


※フラッシュバーでやるとセロハンが焦げるので、気をつけながら遊んでくださいね。



【カラーフラッシュセット】
<SX-70 FIRST MODEL>
<SX-70 MODEL2>

〜ポラ遊び〜 アイデア次第でいろいろ遊べる!スパンコールフィルター 

いつもの写真にひとひねり。

遊び心に溢れたフィルターを付けてみませんか?




☆スパンコールフィルター☆



透明な袋と、好きな形のスパンコールを用意します。

IMG_0490





透明な袋は、フィルムカートリッジからはみ出さない大きさに切ります。

IMG_0488





袋の中にスパンコールを入れ、こぼれないように封をします。

IMG_0492





フィルムカートリッジに貼り付けます。
※わかりやすいように色テープで貼りましたが、実際は透明なテープを使いましょう。

IMG_0496



この時、フィルムの排出を妨げないように、スリット部を避けて貼り付けてください。

IMG_0495





こんな写真が撮れます。

img038img037




























☆オリジナルマスク☆



黒い紙に、好きな形のフレームをくりぬきます。

IMG_0499





フィルムカートリッジに貼り付けます。

IMG_0500



ここでもやはり、スリットは避けて貼ります。

IMG_0501





こんな写真が撮れます。

img035img036
























普通に撮っただけなのにこんな写真が出て来たら楽しいですよね!
お友達を撮ってあげたら、盛り上がること間違いナシですよ。


【スパンコールフィルターセット】
<SX-70 ALPHA1>
<SX-70 MODEL2>

〜ポラ遊び〜 まるでセル画なイメージセパレート

イメージセパレートとは?


撮影済みのポラロイドフィルムから表面の画像部分だけを引き離し、
透き通ったセル画のようなイメージを作り出します。


img033img032img029




















イメージセパレートのやり方


イメージセパレートに向いているのは、撮影から時間が経っておらず、現像液が乾いていないフィルムです。
現像液は乾くと画像部分にくっついてしまうので、簡単に分離させることができなくなります。
とはいえ撮影後すぐに加工を始めてしまうとフィルムが感光してしまいますので、最初の5分の遮光をしっかりと行い、写真が出来上がってから始めましょう。










イメージセパレートは下に合わせる台紙によって雰囲気も変わりますし、ちょっとした遊びを加えてもおもしろいですよね。
カラーフィルムでステンドグラス風に窓を飾ってみたりしてもステキかもしれません。



img031
夕日に吠える!!


【イメージセパレートセット】
<SX-70 FIRST MODEL>
<SX-70 AUTOFOCUS>

〜ポラ遊び〜 ゆらめく写真が雰囲気良し。エマルジョントランスファー

エマルジョントランスファーとは?

撮影済のポラロイドフィルムから画像(エマルジョン)の部分を剥がし、
紙等に貼り付けて全く新しい作品にする遊び方です。
偶然生まれるシワや不均等な画面が、写真を雰囲気良くしてくれます。


img021img020img022








エマルジョントランスファーのやり方




※肌の弱い方は、現像液を洗い落とす際に刺激を感じる場合があります。そのような時は、筆などを使ってみてください。






エマルジョントランスファーは、撮影から2週間以上経って、現像液が完全に乾いている状態の
フィルムで楽しんでください。
もし撮影後すぐのフィルムでやる場合には、ドライヤーで1分程フィルムを乾かしてから行ってください。

カラー・白黒どちらのフィルムでも楽しむことができますが、
白黒のフィルムは画像部分が少しもろく、転写した後に指で伸ばしたりしているとやぶけてしまう
ことが多いです。
それもまた味になりますが、そーっと伸ばして頂くことをオススメします。



img023

失敗したフィルムも、エマルジョントランスファーにすると何故だか雰囲気良くなります。
「うまく撮れなかった!」と思って仕舞いこんでしまったフィルムも、ひっぱり出して
エマルジョントランスファーしてみてはいかがですか?


【エマルジョントランスファーセット】
<SX-70 MODEL2>
<SX-70 SONAR AUTOFOCUS>
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ