bnr_ad_02



カールツァイスの交換レンズが使える。


これはハッセルブラッドの魅力を語る時に、
決して忘れることのできない、とても大切なポイントです。


高品質のツァイスレンズを、
大きな「6 x 6」中判フォーマットで存分に楽しむことができるというのは、
それだけでとてもワクワクするものです。


コントラスト・色再現に重点をおいているツァイスのレンズは、
他のどのカメラとも、違った描写力を持っています。


26img390
(撮影者:シゲ)


微妙な色のトーンが、つぶれることなくそれぞれにしっかりと再現され、
被写体の輪郭線も、きっちりとシャープかつ繊細に描写されるので、
あの独特な「立体感」と「空気感」を写し込んだような写真が生まれるのです。


「白は白」「黒は黒」「光は光」として写しとった写真。
これはまさしくハッセルならではの描写です。


これを心ゆくまで楽しむことがハッセルユーザーの愉悦ですが、
次第に「他のレンズで撮ったらどうなるんだろう?」
そういう欲と興味が湧いてくるものです。

そういった時にどの焦点距離のレンズを選んだらいいか、
これがなかなか決まらないものです。


ここに「40mm ~ 180mm」レンズ別、
焦点距離の比較写真があります。

同じ場所から撮影した時に、写る範囲の違いが分かるようになっています。

*全て被写体から1.5mの距離で、F4(構造上120mmのみF5.6)の絞り設定、
被写体の鼻先を画面中央に位置にして撮っています。

ハッセルのレンズの焦点距離を35mmフィルムカメラ換算する時は、x0.55をして計算します。
例えば80mmレンズは35mmフィルムカメラで考えると、44mm相当のレンズになります。


40














C40mmレンズ
(35mmカメラ換算:22mmレンズ)





50















CF50mmレンズ
(35mmカメラ換算:28mmレンズ)





60















CF60mmレンズ
(35mmカメラ換算:33mmレンズ)






80















CF80mmレンズ
(35mmカメラ換算:44mmレンズ)







100















CF100mmレンズ
(35mmカメラ換算:55mmレンズ)







120















C120mm non T*レンズ
(35mmカメラ換算:65mmレンズ)







150















CF150mmレンズ
(35mmカメラ換算:82mmレンズ)








180
















CF180mmレンズ
(35mmカメラ換算:98mmレンズ)









「スナップ写真を撮りたいから広角レンズが良いな」とか
「50mがいわゆるスナップ用レンズなのね」とか
「人を撮りたいから、やっぱり望遠レンズが欲しい」とか
「150mmレンズはポートレイトにちょうどいい画角なんだ」とか

「広角系は硬調ね」とか
「望遠系は柔らかいのね」とか

「100mmの写りやばくない?」とか
「やっぱりnon T*ってやわらけ〜」とか

何かしらの参考になれば、これ幸いです。




このようにして、
自分が好きな画角や、好きな描写や、撮りたいイメージに合わせてレンズを選ぶことは、
とても悩ましくもあり、と同時にとても楽しいものでもあります。


IMG_0140





→目次ページへ戻る。


→ONLINE SHOP「ハッセルブラッド」の商品ページへ移動する。