bnr_ad_02

デジタル時代の現代において、なぜ
手間をかけて、お金をかけて、時間をかけて
フィルムカメラを楽しむ人が絶えないのでしょうか。

その答えは十人十色、人それぞれだと思います。

撮ってから写真になるまでのワクワクする時間。
柔らかい写りが好き。
最終的にデータではなく「物」になる。
1枚1枚たいせつに撮るようになる。
撮ってる時の操作感・・・・・・

ハッセルブラッドを楽しむ以上、フィルムカメラの楽しみ方やフィルムの良さは知っておきたいものです。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



カメラと料理は似ている!?

1293530654豆とら
いきなり何を言ってるんだと思われると思いますが、
カメラと料理って似ているなと感じます。

まぁこれは、ワタクシの持論なのですが・・・・・・

今の時代、冷凍食品を電子レンジでチンしただけの食べ物だって、それなり美味しいものです。
スイッチ一つで料理が出来上がり、すごく手軽で簡単です。
しかし中には味気ないと感じる人もいます。

一方、自分で食材を調達して材料を切って、火加減を調整したり塩梅を見たり、とか。
面倒だけど、ここを丁寧に下ごしらえするとコクが増すんだよな、とか。
やっぱり手作りでしか出せない深みや味ってあると思います。

ただ、そこまでしても「冷凍食品とたいして変わらない」という人もいます。
一方「手作りの方が絶対に美味しい」という人もいます。
中には「何となくだけどやっぱり手作りの方が美味しい気がする」という人もいます。

それで良いんだと思います。
その「手間」や「何か」を感じ取るかどうか、その捉え方も人それぞれで異なってくると思います。

それと同じかなって気がするんです。
冷凍食品をレンジでチンが、デジカメだとして。
手作り料理が、フィルムカメラだとして。

簡単さを求める場合や、違いが分からなかったり気にしない人は、冷凍食品で充分なわけですし。
違いを知ってしまった人は、どうしたってこだわりたくなるわけですし。

そういう感覚の差かなって気がします。
では、そのフィルムがもつ「何か」とは何なのでしょうか?



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



「フィルムのポテンシャル」

26img360
フィルムを使う人のなかには写りにこだわった結果、フィルムに辿り着いたという人も多いようです。

デジカメで撮った写真は「なんだか平べったい」とか「かたい」とか「わざとらしい」と感じてしまうこともあります。
確かに、液晶ではあんなにきれいに見えていたのに実際プリントしてみたら「???」となることもしばしば。
逆にフィルム写真には「立体感がある」とか「奥行き」「重なり」「空気感がある」と感じます。

フィルムの表現は丸いドットで、デジタルは四角いモザイクの表現だから、
自然さや滑らかさが違うという話も説得力があり納得できます。

また、フィルムはデジタルに比べてまた光の明暗や濃淡を表現する「階調」の幅が広く滑らかです。
そういった自然で滑らかな表現をきちんと楽しもうとすると、フィルムという選択になるのです。

さらに言うと中判の世界では、まだまだデジタルは追いつけない領域なので、
大きいフォーマットを楽しむのであれば、必然的にフィルムという選択肢にもなりますが。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



「フィルムカメラを使う悦び」

P1160010
フィルムカメラを使う方は、クラシックカメラを好む傾向にあるようです。
そういう方は不便さゆえの楽しさを求めるのです。

どういうことかと言いますと

・クラシックカメラは必要最低限の機能しかない。
→余計な操作がなくシンプルで迷いません。

・お金もかかるし物質的な無駄も出したくないから、できるだけ無駄な写真を撮りたくない。
→1枚1枚を大切に撮るようになり、自分の撮りたいものがはっきりしてきます。

・ピント、絞り、シャッタースピードは自分で決める。
→自分の意志が入り込み、自分で撮ってる感が味わえます。

・その場ですぐに見れない。
→「ぜったい、今、すげー良いのが撮れた!」という気分に浸れます(笑)

これ全部ワタクシのことですが(笑)

そうやって一生懸命考えて実行した結果=写真を見るのはワクワクしますよね。
撮ったその場で完結するのではなく、現像ができあがるまでの時間もまた楽しみの一つになるのです。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



「スローカメラ」

ただ、こうやって開きな直ると単純に楽しいんです。
何か心が軽くなった感じがして、あー。写真撮るのって楽しいなー!って。

撮影に失敗したら、それもまた「縁」なり。
その時は自分の未熟さをかみしめながら、また次に挑戦します。

シャッターを押すまでのプロセスや直感を大切にしながら、
ほどよい緊張感と達成感と満足感が味わう感覚を楽しむのもまた、一興です。

スローフードなる言葉がありますが、フィルムカメラでの撮影はまさにそんな感じでしょうか。
結果を求めることだけが全てではない。

自分の心と文化がより豊かになる、そんな気持ちにさせてくれるツールだったりします。
楽しくて、気分が良くなって、でも奥深いから挑戦もある。

趣味の世界ってそのくらいの感じでも、良いですよね。

フィルムカメラは「撮影すること」
その行為自体の喜びを、もっと味わせてくれると思うのです。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



「デジタルカメラの価値」

136423
コンパクトデジカメ、デジイチ、ケータイカメラ・・・・・・
ほとんどの人は何かしらのデジタルカメラを所持しているのではないでようか。

デジカメはここ10年強で驚くほど急速に進化を遂げました。
わずか15年ほど前は「100万画素」が大きなトピックスだったのに、いまや最新機種は「4600万画素」ですよ。
さらに時代が経てばもっと増えていくのでしょう。

とにかく競争の激しいデジカメの世界、進化のスピードがハンパじゃないです。
携帯電話のカメラだって、一昔前からは想像できない位きれいに撮れる時代になりました。

ボタンを押せば誰だってそれこそ小学生だって、それなりの写真がいとも簡単に撮れてしまうわけです。

この現実に、ワタクシはなんだか寂しい気持ちを覚えてしまうのです。
というか、少し冷めてしまいます。

ここ数年を見ていると、だんだんデジカメも行き詰まってきたように感じます。

無理矢理ニーズを生み出しているというか、毎年のように過剰なスペック競争に陥っているというか。
新製品もそんなに目新しいものはなく、メーカーによる特色や差もそんなに感じません。

テレビやパソコンのように、2〜3年前のカメラは型落ちの旧いモデル。
壊れても修理ではなく、買い替えた方がいい。

それって、もはや家電ですよね。
このような状況ではカメラに愛着の湧きようもありません。寂しい限りです。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



「デジカメを持たない理由」

53)
デジカメが道具として便利なのものであるということは、誰もが感じているはずです。
ワタクシも仕事においては当然のようにデジカメを使います。

一時期プライベートでもデジカメ使ってました。
割と本格的なデジイチを。
でも、なんだかある日とつぜん虚しくなっちゃったんです。

いま撮ったこの写真、自分じゃなくても誰でも撮れるんじゃないかという自己疑念。
とりあえず枚数を撮っておいて、あとで何十枚の同じような写真を消していく作業の虚しさ。
データを消す作業で、ほぼどれも同じような写真で、逆にどれを消せばいいか迷ってしまう。

その場で見れてしまうが故に、イメージと違う写真だった場合ムキになって撮り続けてしまい、
旅行をしに来たんだか、写真を撮りに来たんだか、もはや分からなくなってしまったことも。

これまた全部ワタクシ事なのですが(笑

で、気付いちゃったんです。
フィルムカメラにすれば、この虚しさとストレスは解決するんだ。
ということに。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



次回は「同じフィルムで35mmと中判はどう違うの?」ということについて、
言及してみたいと思います。

(タドコロ)



→目次ページへ戻る。


→ONLINE SHOP「ハッセルブラッド」の商品ページへ移動する。